電動クロスバイクYPJ-Cはものすごい可能性を秘めたクロスバイクかもしれない

電動スポーツバイク

以前「YPJ-R」の記事を書いたことがあった

はじめに ついにロードバイクまでも電動化する時代がおとずれました。 確かに電気の力は偉大です。ですがここまで行くともうおそらく、...

以前書いた時ぐらいはなぜかやけに電動スポーツバイクに謎の嫌悪感を抱いていて、記事にはそんな風なそぶりは見せてないつもりだったけど、正直嫌いだった。見た目がとかではなく僕はこの「YPJ-R」に実際に乗ったことがああるが、その時はそこまでの驚きはなく、

「あー楽だな、こんな感じか〜」ぐらいの感想しかなかったような気がする。

自称メカニック
冷めた人間だな君は

 

誰だって新しく出てきた物は叩きたくなるのだ、僕だって例外じゃなく「こんな重たいスポーツバイクは…」とか「値段が高すぎる」などなどとにかく批判したかったのかもしれない。

しかし最近はこの電動スポーツバイクに可能性すら感じるようになった。デザインもさることながらなんか可能性を感じる。

自称メカニック
最後えらく曖昧じゃないかい?

 

電動クロスバイク「YPJ-C」

今回注目したのはクロスバイクの方の「YPJ-C」このクロスバイクの良いところはクロスバイクとしての性能を捨てていないところ。電動自転車にスポーツバイクを足すのかスポーツバイクに電動を足すのかでコンセプトがだいぶ変わってくるけど、YPJ-Cは後者でクロスバイクとしての性能をまず重視している。

初めて見た人のためにカンタにスペックをまとめると

 

  • 価格 199,800円
  • 重量 16.1kg
  • タイヤサイズ 700×28C
  • 変速 18速 2×9(SORA)

 

肝心のアシストはと言うとそんなに多くはない。

「HIGH」モード 14km
「STD」モード 22km
「ECO」モード 48km

しかしクロスバイクとしての性能は高くむしろこっちがメイン

外装変速18段、メインコンポーネントにはSHIMANO SORAを採用

電動アシストの恩恵を受けながら、スポーツバイクとしての性能を突き詰めた車体設計。アルミフレーム、小型ドライブユニットで軽量化を図り、クロスバイクとしての軽快さや快適性を目指した性能です。フロント:46T/34T、リヤ:11T~30T

電動自転車の恩恵をうけられるクロスバイクだから楽に走りたいだけの人はそもそもこの車種を選ばない。

 

普通の電動自転車って思っているより楽じゃないよね

30kg近くある普通の電動自転車は確かに出だしは楽だけどスピードを出すのが本当に簡単ではない。ある一定のスピード(24km)前後になるとそこからのスピードアップは完全に自分の脚力による。あんな重たい自転車どう頑張っても時速30km出せたら良い方でそれもかなりしんどい。

 

それが出だしにアシストの恩恵を受けて、そこからはクロスバイクとして乗れるとすればそれはもしかすると素晴らしいのではないか。

 

カスタムしながら楽しめる電動クロスバイク

自称メカニック
ここが今回一番の押しポイント

ドライブユニット(モーター部分)はセンターにあり、パーツもシマノ製のモノを使用しているので後からのカスタムがしやすい。例えばホイールを変えてみたり、コンポーネントのアップグレードやハンドルの形状も好みのモノに変えていける。

 

おそらくもうちょっと普及してきたらそう言った専門ショップやパーツなども販売されてくると思う。ここが一番のポイントなのだ

 

電動アシストがついていながらクロスバイクで、さらにカスタムしておしゃれに乗ることもできればもうちょっとスポーティーにして乗ることもできると言うところに可能性を感じたと言う話でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元自転車屋さんから見てよく売れていた人気のクロスバイクTOP3はコレだ!

LIGのクロスバイクを買う前に見て欲しい記事。評価やレビューまとめ

ビアンキの思わず目を引くオシャレなクロスバイク【2017年モデル】

クロスバイク人気メーカーの特徴まとめ!どのクロスバイクがオススメなのか?

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクの特徴と違い

クロスバイク初心者の方にオススメしたい10万円以下で買える最初の一台