ロードバイクの中古を買うと言うこと。地雷をあえて踏みに行く覚悟

ロードバイクの中古

 

ロードバイクを安く手に入れたい。

そんな要望を値段的に一番叶えてくれるのは中古のロードバイクです。

 

でもシンプルに考えて見てください。売る方はきっとこう考えています

「少しでも高く売りたい」

 

今回はロードバイクを中古で買う上で気をつけたい事について

幾つかポイントをまとめたいと思います。

 

完成車編

 

 

  • 明らかに動きそうにないものは最初がいくら安くても

   直すのにかなりお金がかかる

 

最初は値段に目が行くところですが、全体が錆びまくっていて

見るからに動かなさそうなやつ。実際に自分の手元に届くまでつまり

画像で見る限りでは、「ちょっと直せば乗れるだろう」と

思いがちなんです。そのちょっとは全然ちょっとではありません。

 

特にクランクの周りはサイズがいくつかあり特殊なものですと

手に入りにくい上にすごく高いです。

さらに自分でするなら工具が、やってもらうなら工賃が

かかるので、いつの間にかドツボにはまっちゃいます。

 

 

  • え?何どこのメーカー?」と言うようなものも少なくありません

 

値段につられ特にオークションなんかだと、残り時間が少なく

なるにつれてテンションがオーバーしてしまいがちです。

 

一度入札ボタンを押したが最後、入札するまで引き下がれなく

なります。落札した後に冷静になり「これどこのメーカのやつ?」

ってなると、調べた時には時すでに遅し。

どうやってキャンセルできるのか、返品できるのかを

検索し始めます。

 

フレーム編

 

フレームだけ買ってそこから組み立てたいと思っている方

よう注意の項目です。

 

 

  • フロントフォークが付いていない。

 

これはかなり重要です。フロントフォークにも種類があり

どれが取り付け可能なのか?と言う事を把握しなければなりません。

いくらフレームが綺麗だからといって安易に購入すると

インテリアが一つ増えます。

 

また取り付けするのに専用工具がいります。

これがまた高い。

 

これと後は下玉押しの圧入が必要なので

店に持っていっても自分でやってもすごくお金がかかるので。

そこを頭に入れてから購入に踏み切りましょう。

 

  • 明らかに修復不可能なヒビや割れがある。

 

これは説明するまでもない感じですね。

 

まとめ

 

その他にもいろいろとありますが、中古はあえて地雷がある中で探す

スリルがありますよね。

僕も地雷を踏んだクチなのでよくわかります。

 

他にも画像だけではわからないことがたくさんあるので

気にいったものがあればためらわずに売り手の方に

どんどん質問しちゃいましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクにおけるコストパフォーマンスとは何であるかを考えてみた

15万円を切る「GUSTO(グスト)」のカーボンロードバイクとは?

ロードバイクを楽しむために抑えたい5個のポイント!

ロードバイク人気メーカー【Cannondale(キャノンデール)】について

AXMAN(アックスマン)ロードバイクの性能や価格、どう言ったメーカーなのか?

これから自転車を購入する方へ僕が思うこと,伝えたいこと