ロードバイクコンポーネント「TOURNEY A070(ターニー)」の価格や性能について

TOURNEY A070(ターニー)

ターニーはシマノのロードバイクコンポーネントの中では一番下のグレードになります。10万円以下のロードバイクに使用されていることが多くこれまで紹介したロードバイクコンポーネントとは大きく仕様が異なる所があります。

TOURNEY A070(ターニー)の特徴

  • リヤ7速
  • カセット式BB(ボトムブラケット)
  • シフトケーブル内蔵式ではない
  • STIレバー

一番の特徴は安価でSTIレバーが使用できると言う点が大きいです。例えば今までクロスバイクに乗っていたけどSTIレバーに変えてドロップハンドルにしたい場合なんかには一番お求めやすいのでちょうど良いです。

STIレバー

ターニーのSTIレバーはシフトケーブルがハンドル真ん中を通りますので少しごちゃっとした印象になります。少し前まではクラリスもそうでしたが2017年のモデルからは内蔵式になっているので現行モデルで外からワイヤーが出ているのはターニーのみになります。

一応デュアルコントロールレバーになりますがシフトアップやシフトダウンどちらかを親指の所のレバーで行う仕様です。

カセット式BB(ボトムブラケット)

SHIMANO(シマノ) BB-UN26 68BSA 122.5mm(LL123) BB-UN26

SHIMANO(シマノ) BB-UN26 68BSA 122.5mm(LL123) BB-UN26

1,046円(12/13 20:12時点)
Amazonの情報を掲載しています

クラリスが中空クランクになったのでこのタイプのBBを使用しているのもターニーだけになりました。中空のものに比べ抵抗が大きいのと交換が中空のものに比べ少し難しいです。

3×7仕様のものもある

STIレバー、クランクセット、ディレイラーはフロントが3枚仕様のものがあります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ロードバイクのホイールにライト?「LOOPS LIGHT」の近未来感がすごい

ロードバイクに取り付け可能なスタンド4選!失敗しないスタンドの選び方

ロードバイクのハブダイナモについてかかる費用と効果を考えてみる

NO IMAGE

雨の日も安心!ロードバイクに取り付けられるスマートな泥除け6選

ロードバイクのメンテナンススタンドはどれが良いの?形やコスパを考えた結論

NO IMAGE

ロードバイクに付けるリアライトの必要性を語りたいと思う。