ロードバイクコンポーネント「TIAGRA (ティアグラ)」の価格や性能について

TIAGRA (ティアグラ)

ティアグラは上から数えると4番目のグレードで下から数えてもちょうど4番目のちょうど真ん中に位置するモデルになります。

 

TIAGRA (ティアグラ)の特徴

  • 10速
  • ホローテック
  • 油圧ディスクブレーキローターがラインナップ有
  • ラピットファイヤー有
  • ブレーキレバー有

最大の特徴としては10速であると言うところにあります。

自称メカニック
と言うことは弱いと言うことですか?

強い弱いの話ではないんだけど、11速がいいってなると候補からは外れてしまいます。ただこの10速と言うのは全部が全部悪いことだけではなく、「105」より上のグレードにはないラピットファイヤーとブレーキレバーがあるので、ロードバイクだけでなくフラットバーロードやクロスバイクにも取り付けができます。

 

↑ ラピットファイヤー

 

↑ ブレーキレバー

 

TIAGRA (ティアグラ)の価格

105より下のグレードになると海外通販などでもグループセットがなくなってきます。なのでAmazonで販売されているティアグラのパーツで計算しました。

 

STIレバー

¥18490

 

キャリパーブレーキセット

¥5793

 

クランクセット

¥10876

 

スプロケット

¥2175

 

リアディレイラー

¥3717

 

10段用チェーン

¥2420

 

フロントディレイラー

¥3056

 

合計  ¥46572

 

グループセットの105の価格が¥45999だったことを考えると明らかに高い。ワングレード上の11速のコンポで揃えてしかもそっちのほうが安いとなると、どちらを購入したほうが得かは明確ですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイク本体を決めたらライトなどの用意するべきパーツ8個

盗まれないロードバイクの鍵のかけ方とおすすめのカギ6選

ドロップハンドルの説明書。材質や形状などによる違いをより分かりやすく

ロードバイクに取り付け可能なスタンド4選!失敗しないスタンドの選び方

ロードバイクにスタンドを取り付けるか悩める人へ!!メリット,デメリット

ロードバイクに付けるリアライトの必要性を語りたいと思う。