ロードバイクのタイヤ交換時サイズアップやサイズダウンの互換性はどうやって確認する?

初めてロードバイクのタイヤ交換をしようとした時や、タイヤサイズの変更を考えている場合、どのサイズまで互換性があるのか、分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、ロードバイクのタイヤサイズや互換性について詳しく説明していきます。是非参考にしてください。

完成車ロードバイクに付いているタイヤの基本サイズ

完成車のロードバイクを購入した場合、その多くが「700×23c」もしくは「700×25c」のタイヤが標準装備されています。これはタイヤの側面に刻印されているので、ロードバイクが手元にあればすぐに確認することが可能です。

↑刻印の例

タイヤを交換する上で、この刻印を確認することは、基本になります。是非覚えておいてください。同じサイズで、元々付いているタイヤと全く同じものを使用するのであれば、何も問題はありません。普通に交換が可能です。

しかし、「タイヤを太くする」もしくは「タイヤを細くする」と思っている場合タイヤのサイズは、どこまで交換が可能なのかと言うところを解説していきたいと思います。

※この記事は、クリンチャータイヤの交換説明となります。

ロードバイクのタイヤ交換ビート径(ETRTO)について

ビート径とは、簡単に言うとタイヤはめ込み部分の円周と考えてください。またの名をETRTO(エトルト)と呼びます。

【25-622/700×25C】

例えばタイヤに上記のように記載されている場合は、622ビート径に当たります。その他タイヤの側面に記載されている事は、空気圧のMAXと最低そして、タイヤのサイズとロゴくらいです。

例えば同じインチサイズでも数多くのETRTOがあり、ETRTOが違うとタイヤはリムにハマりません。

ロードバイクの場合はETRTO(エトルト)が統一されている

ロードバイクの場合、基本的にETRTO(エトルト)は「622」で統一されています。

リム幅がどうだとか、難しい事を考えるとドツボにはまっていきます。もっとシンプルに考えましょう。ロードバイクタイヤのETRTOは「622」後はどのサイズまでアップ、ダウンできるかです。

ロードバイクのリム幅について

ETRTO以外にも、タイヤを変更する時の基準となる、リムの幅があります。これは、ワイドリムとナローリムだったり、JIS規格だったり、海外のメーカーは別規格だったりと、様々な種類があり、全て把握するのは難しいのが現状です。

ホイールを発売している、メーカーの推奨タイヤサイズが分かれば良いのですが、これも分からないことが多いと思います。

そう言った場合には下記の方法を目安にしましょう。

ロードバイクタイヤのサイズアップ・サイズダウン可能範囲

ワンサイズアップかワンサイズダウン

この範囲であれば、リム幅がどうであれ基本的に問題なく交換が可能です。自転車屋さんに持って行って「タイヤサイズを細くしたい」と言ったら断られた。

と言うような事もちょくちょく目にしますが、もし万が一タイヤがハズレでもしたら、大クレームになり兼ねないので、自転車屋さんも大体この手法を取っているためです。

ホイールは様々なメーカーから、販売されていて規格が全て同じではありません。なのでよほどの知識がなければ、最大値と最小値を導き出すことはできません。

もし自分で交換するのであれば、ワンサイズアップかワンサイズダウンが無難なところです。

また極端な例ですが、23Cのタイヤを38Cのタイヤに交換するとして、リムにはハマったけど、いざロードバイク本体につけると、フレームやブレーキャリパーに干渉することも当然あり得ます。このように、リムとタイヤの問題だけではなく、フレームへの干渉なども考慮しなくてはなりません。

フレーム側も「まさかそのタイヤサイズで来るとは」と思うようなタイヤに交換するとうまく機能しないと言うことです。

まとめ

  • ビード径を確認して同じものを選ぶ
  • タイヤサイズはワンサイズアップorワンサイズダウンで選ぶ

ここを抑えれば、基本的にはタイヤサイズのアップやダウンも自分で行うことが出来ます。個人的なことを言うと2サイズ変更しても、問題ありませんでしたが、リムによってはそうでないこともあります。是非参考にしてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロードバイクコンポーネント「TOURNEY A070(ターニー)」の価格や性能に...

NO IMAGE

ロードバイクのライト「CAT EYE VOLT200」を1年ほど使用した感想

ロードバイクコンポーネント「DURA-ACE(デュラエース)」の価格や性能につい...

ロードバイクのハブダイナモについてかかる費用と効果を考えてみる

雨の日も安心!ロードバイクに取り付けられるスマートな泥除け6選

NO IMAGE

ロードバイクに付けるリアライトの必要性を語りたいと思う。