ロードバイクに取り付け可能なスタンド4選!失敗しないスタンドの選び方

ロードバイクにはスタンドがついていません。これはハイグレードのものであってもエントリーグレードのものであっても同じです。「自転車にはスタンドがついているもの」と言うイメージが定着しているため、「いきなりスタンドなしのロードバイクを渡されても…」と言う方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ロードバイクにも取り付け可能なスタンドをご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

ロードバイクにスタンドを取り付ける行為は悪なのか?

これを見ている方はおそらくロードバイクを手にしたけど「あれ、これどうやって立てるの?」もしくは「スタンドついてないけど?」のどちらかに当てはまる方だと思います。いやむしろそうあって欲しいです。

ロードバイクには「スタンドがつけられない」のではなく、必要ないから付いていないの方が正しいです。自転車屋さんで相談しても

自称メカニック

自称メカニック
ロードバイクは早く走ることを目的として作られているので、スタンドは付いていません。むしろ付けている人いないっすよ…

って言われるのが大体のパターンです。想像がつきます。かと言って街乗りするのにそんなに意地を張る必要はありません。実際にロードバイクに乗るのは他でもないあなたなのです。スタンドが欲しい時は「スタンドが欲しい」と叫んでください

Powseed (パワーシード)一点止めキックスタンド

チェーンステーに取り付けるような感じで、なおかつ一点止めなのでロードバイクのみならず大概の自転車に取り付けが可能な万能スタンドです。


△イメージはこんな感じになります。

これだけ見ればどれでも取り付けできるんだから、このスタンドさえあれば十分だと思うかもしれませんが、一点止めのスタンドは固定力があまり強くなくてよく動きます。車体が重たいとなおさらです。定期的な緩みのチェックや、位置の直しが必要だと考えてください。

ディスクブレーキの車種なんかは、二点止めができないのでこの一点留めのスタンドを使用することになります。

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) アジャスタブル サイドスタンド

このスタンドであれば2点で止められるためしっかりと固定ができます。サイズもマウンテンバイクの24インチから29インチまで対応と幅広いので、ロードバイクにも問題なく取り付けが可能です。2点留めの注意点としては、シートステー部分の固定傷が入りやすいため、スポンジが付属していますが、別途用意して置いた方が無難です。

足先の長さも調整が簡単にできて、ロードバイクを立てるための角度も調整が可能なので便利です。

アップスタンド 携帯用カーボンサイドスタンド

とは言えやっぱり「ロードバイクにスタンドってシルエット的にちょっと〜」と言う方にオススメのスタンドです。実際にスタンドをつけてみると分かると思いますが、やっぱり見た目的には、ない方が断然かっこいいです。

自称メカニック

自称メカニック
乗車中はスタンドがなくて、停車するとスタンドが生える。そんなドラえもんみたいなスタンドがあれば便利なのにな。

テッテレてってて〜

携帯用便利スタンド〜

一見ただの棒のように見えるこれが魔法のスタンドです。画像一番上の丸い輪っかをクイックレバーに通すだけでその下の棒はマグネットでひっついているだけなので簡単に脱着可能です。

外してたたむとこんな感じになります。走行中は上の丸い輪っかしか車体にはついていないので見た目もすっきりして、停車するとしっかりとスタンドの役目を果たします。

実際のレビューも高評価の嵐となっていて全米が驚いたレベルの高評価率です。実際に走っている時は取り外せるのが何よりの利点ですね。

同じようなスタンドでもう少し値段が安い物もあります。

TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンド スリム

TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンドスリム TOL14700

TOPEAK(トピーク) フラッシュスタンドスリム TOL14700

3,620円(12/10 09:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

これも停車した時だけ使えるスタンドでクランクに差し込んで使用するスタンドになります。スタンドと言うよりはややディスプレイスタンドに近いものを感じます。

「小さく持ち運びに便利でさらに丈夫」と言うレビューも多かったのでスタンドを多用する訳ではないけど一応持っておきたい方にオススメ!

まとめ

ロードバイクにスタンドを取り付けても、ロードバイク単体で駐輪するのはかなり不安要素が多いと思います。少し風が強ければすぐに倒れますし、駐輪場に置こうものなら横の自転車が倒れかかってたなんてこともあります。

あくまでスタンドはちょっと停車する時や、例えば愛車の写真を撮りたい時にその効果を最大限に発揮します。壁に立てかけるよりも自立していた方が良い写真が撮れることは間違いありません。そう言った使い方をオススメします。

スタンドがあるからと、たかをくくっていると痛い目を見るので、長時間駐輪する時は必ず固定物とくくりつけて倒れないようにしないと大きな不安に駆られることになるでしょう。

Amazonサイバーマンデー開催中

50%OFF商品多数

アマゾン今年最後のビッグセールで、サイクル用品を激安でゲットしよう!

サイバーマンデーの会場はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロードバイクのコンポーネントが違うと具体的に大きく変わるポイント5つ

ロードバイクコンポーネント「SORA(ソラ)」の価格や性能について

SHIMANO(シマノ)ロード用のSPDペダル全5種類を徹底解析

ロードバイク海外通販サイト「wiggle」はどれぐらい安いのか調べてみた

NO IMAGE

ロードバイクのホイールにライト?「LOOPS LIGHT」の近未来感がすごい

NO IMAGE

雨の日も安心!ロードバイクに取り付けられるスマートな泥除け6選