部屋の片付けができない人はなぜ片付けられないのか?驚くべき解決法を見つけました。

部屋を片付けられない人へ

 

そもそもなぜ部屋が散らかるのか?

あなたは考えた事がありますか?

僕はありません。

 

片付けては散らかり、片付けては散らかるそんな事をしているうちに

ついには片付ける事をやめてしまいます。

テレビでよくやっている片付けのプロみたいな人が言っていたのですが

「片付ける場所、収納する場所」を決めていないから散らかるみたいな事を

カメラ目線で言っていましたが「そんな事は皆んなわかってるんです

 

片付けができない人の特徴

 

 

ざっと片付けができない人の特徴をまとめてみましょう。

原因を洗い出して分析するところから解決策は生まれます。

 

  • 脱いだ服をそのまま床に置く

 

  • 郵便物や書類、紙類のものはとりあえず机に置く

 

  • 直し場所の分からない物はとりあえず棚の上に置く

 

  • 鍵などは毎回違う場所に置く

 

  • 鍵はむしろポケットに入っている事が多い

 

  • 小物、ペンなどがいつもどこかに転がっている

 

  • 部屋の収納に対して明らかに物が多い

 

  • 捨てられない

 

  • 紙袋を物入れとして使用している

 

  • しかもそれが一個じゃなく数個ある

 

  • 線やコードも机に転がっている。

 

  • 収納場所を決めてもそこに直さない

 

  • 選択したものをそのまま床に置く

 

ざっとのつもりが止まる事を知らないくらい出てきます。

こうしてみてみると「とりあえず」と言うフレーズが目立つように思えます。

なんだかんだでスペースを取るのはこの「とりあえず」置いた物たちです。

 

とりあえず置いた書類は中途半端にいるかいらないか分からない書類ばかりで

軽くペーパークラフトできそうなくらいあります。

この背景には捨てると後で困るかもと言う恐怖心ととりあえず置いていれば

またいつでも探せると言う安心感からくるものです。

 

服に関してもどうせまた着るからと床に置きますが

基本的に床に落ちているものを着る気にはなれず新しい服を

棚から出します。

 

頭では分かっている」「だが体がついてこない」

 

月に一回ほど訪れる足場がない時期

 

上記した事を続けると足の踏み場もない時期が訪れ、やがて

いくら片付けられない人でも「やばい」と危機感を覚えます。

こうなってからの掃除のしんどさは半端じゃないです。

 

僕の場合は大抵脱いだ服をそのまま床にのパターンが主な

内容を占めていて、その他はどっかから出してきた物をそのまま

直さずに放置のパターンもよくあります。

小一時間では済まない終わりの見えない片付けはメンタルをやられます。

 

片付けのできる人と出来ない人の違い

 

 

片付けのできる人は部屋が散らかっているとイライラする。

つまり大体が「性格の違い」です。

だって僕は別にイライラしないからです。

 

要は考え方、性格の部分からの改革を起こさないと

部屋は綺麗にならないんです。

 

部屋を片付けられるようにする秘訣

 

考え方を根本から変えましょう。

別に「綺麗じゃないと気が済まない」レベルに達する必要はありません。

 

最近ようやく気づきました片付けは普段からした方が楽なのではないかと。

散らかすだけ散らかして一気に片付けるのはものすごく体力を

使います。今日こそ片付けなきゃと思いながら毎日過ごさないと

いけないのも嫌ですよね。

 

片付けの本や、番組を見たってあなたは片付けられるようにはならないです。

それは片付けを仕事、または好きでやっている人であってあなたではありません。

 

本当に「片付けないと」と思う時が訪れればその時はあなたの考え方に

変化が起きた時です。

 

これだけダラダラと書きましたが僕の部屋は今日も

散らかっております。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自転車保険が大阪でも7月1日から義務化に!手軽に入れるオススメの保険

レッドブルが49円で買える「ゴールデンハンマー」が凄いよ。

自転車を使ってできる筋トレ!通勤、通学の空き時間を使って鍛えられます

こじはる(小嶋陽菜)も乗っているスポーツバイク!イケてる女の子が選ぶスポーツバイ...

【Cyclingトラベル.jp】のLINE@始めました。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?に対する答え