自分に合ったオイルを探そう!ロードバイクオイルの種類と特徴

はじめに

 

オイルといっても色々な種類があります。

決して【556】一本で済ませずに出来るだけ自転車用のオイルで、

メンテナンスしましょう!

 

ドライ系

 

ドライ系の利点はチェーンがあまりベタつかず、足や服が走行中に

汚れにくいことです。しかしサラサラしたオイルなので飛び散りやすく

頻繁に注油する必要があるのがデメリット。

ウェット系

 

ウェット系オイルは粘度が高く、雨の日でも落ちにくい!

しかしドライコンディションで乗ると、足や服にベタッとついてしまう

可能性があるので要注意。

 

ワックス系

 

特性はドライ系のオイルに似ているが、そもそもの性質が違うのが

ワックスタイプになります。

どのタイプよりも汚れはより付きにくいが、注油回数もその分

多くなります!

 

あなたにぴったりのオイルを探してみてください!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アクションカムをロードバイクにつけたい場合はどのカメラが良いのか?

ロードバイク初心者にオススメな1万円以下のヘルメット4選

ビアンキのバッグはオシャレだけど多分自転車とは関係ない件

元自転車屋さんが選ぶロードバイク用品パーツ、アクセサリーのベストセラー商品まとめ

ロードバイクに合うスタイリッシュなベルまとめ。ベルを脇役扱いしてませんか?

ロードバイクで遠出する時に必ず用意すべきパンク修理道具3つ