ロードバイク初心者のロードバイク選び!よく耳にするコンポーネントとは?

はじめに

初めて見る人からすれば同じ形のロードバイクなのにどうしてこんなに値段が違うのか不思議で仕方ないと思います。これには訳があります。「コンポーネント」の違いです、じゃあ「コンポーネントって何?」と言われると自転車が駆動するために必要な部品たちのことです。

その「コンポーネント」をわかりやすく説明していきます!

自称メカニック
コンポと略されることもあります。

コンポーネントとは

自転車を主に動かすパーツ

  • リアディレイラー
  • フロントディレイラー
  • STIレバー
  • ブレーキ(フロント、リア)
  • ボトムブラケット
  • スプロケット
  • チェーン

これらの事をまとめてコンポーネントと称します。同じフレームでもこのコンポーネントが違うだけで値段がすごく変わってしまうと言う訳です。

さてこのコンポーネントにもグレードがあり最上級のものになるとコンポーネントだけで20万円近くになります。

有名なメーカーで言うとシマノ、カンパニョーロ、スラムとありますが日本で販売されているほとんどの完成車はシマノのコンポーネントが使用されていて品質にもすごく定評があります。今回はシマノのロードバイク用コンポーネントをグレード別に紹介します!

最上級

DURA-ACE

値段の通り最上級。レースでタイムを出したいなど全力のプロ仕様になります!

上級

ULTEGRA

DURA-ACEグループセットから直接派生したテクノロジーで製造されているため、ほとんどスペックは変わりませんが、重量や価格が違います。

105

このあたりは趣味でがっつり使うも良し、レースに出るも良し。と言ったグレードになります。レースに出ると言う事を視野に入れての購入ならこの辺りからのグレードをオススメします!

中級

TIAGRA

入門編として最初に買うならこのあたりをオススメします!最初のロードバイクとしては十分なコンポーネント。

初級

SORA

9スピードコンポーネントで上位グループのテクノロジーを引き継いでいます。スポーツ・フィットネスなどにおすすめです。

CLARIS

レース志向ではないものの、趣味として楽しんだり、ロングライドなどにもおすすめです。

Tourney A070

より多くの人にロードバイクの良さをわかってもらえるエントリーモデル週末のサイクリングなど、これからロードバイクに乗ろうかなと迷ってる方にオススメのモデル。

最後に

と言うふうな具合にコンポーネントにも種類とグレードがありこのコンポーネントのどれが使用されているのかでロードバイクの価格も性能も大きく変わってくるのです。

自称メカニック
みんな一緒の形に見えるけどどこがどう違うの?

一般的にはブレーキングや変速の性能後は重量などが変わってきます。上位のものになるとより軽くそして剛性は上げてさらに変速も変わりやすくなっていきます。

関連記事:ロードバイクのコンポーネントが違うと具体的に大きく変わるポイント5つ

簡単にどんなコンポーネントがあるのかを説明したのでざっくりシマノだけでもこんなけグレードがあると言うのを覚えておいてください!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロードバイク初心者のロードバイク選び!ロードバイクにはサイズがあることを知る

ロードバイク初心者のロードバイク選び!まず初めにロードバイクを知ろう!

ロードバイク初心者のロードバイク選び!フレームの素材や価格帯を決める