ロードバイクを楽しむために抑えたい5個のポイント!

買ったは良いが…

 

乗る機会がない。一緒に乗る人がいない。などでそのまま

インテリアになるのはもったいないですよね。

 

購入する前まで、「どこに行こうか?」と考えワクワクしてなかったですか?

「どこでも行けると」思いませんでしたか?

 

購入する前のテンションはどこに行ってしまったんだ?と

そうならないために楽しみ方の復習をしておきましょう!

 

楽しみ方1、ポタリング

 

ポタリングとは、自転車で気楽にぶらつくことです。

晴れた日にコースを決めて走ったり、コースを決めずに何気なく走るのも

いいですね。

 

お気に入りのカフェに行ったり季節によっては桜や紅葉など

楽しみ方は無限に広がります。

 

コースの作成やほかの人が作成したコースを観覧するのは

ルートラボがオススメです。

 

 

こんな感じでルートが作成、観覧することができます。

 

上のルートはロードバイク、ポタリング【大阪〜京都 宇治抹茶の旅】編

ルートになってますので良かったら記事も見てみてください。

 

楽しみ方2、レースやイベント

主に土曜日、日曜日にはどこかしらでレースやイベントが行われています。

関西ですと、琵琶湖一周や淡路島一周など楽しそうなイベントが

たくさんあります。

(僕は基本的に土日が休みではないので平日イベントも充実してほしいです)笑

 

楽しみ方3、ロングライド

 

どの距離からがロングライドなのか疑問な所ではありますが、

自分が「ロング」だと思えばそれはロングライドです。

長い距離を走った達成感を味わえますが、くれぐれも帰りのことを

考えて距離を決めましょう。

 

楽しむためのポイント1、アウトプットする

 

ブログに自転車に関することを書いたりTwitterでつぶやいたり、自分以外に

発信することでそれがモチベーションになり結構効果的だと思います。

 

もちろんそれが全てだとは言いませんが、一度は試してみる価値ありです。

 

楽しむためのポイント2、自転車友達を見つける

 

一緒に自転車に乗って出かけられる友達を見つけることでも

楽しめるかどうかに大きく関わってくると思います。

 

やはり一人より二人の方が楽しかったりします。

もちろんこれも人それぞれなので、なんとも言えませんが試してみる価値ありです。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクの初心者の方に見て欲しい間違いないメーカー6選

街乗りに向いているロードバイクの特徴と2018年モデルでオススメの車種3選

自転車便「メッセンジャー」とはどうゆう仕事なのか?

ロードバイク購入前に必ず見て欲しい盗難の恐怖の話

ロードバイクに乗って変わった4つのこと。~ロードバイクがある生活~

ロードバイクのネット購入は悪みたいな固定概念はもう取っ払ってしまおう!