ロードバイクの初心者の方に見て欲しい間違いないメーカー6選

間違いないロードバイクのメーカー

「ロードバイク欲しいな」と言う気持ちが芽生えてから、初めてロードバイクを買おうと思った時に一体どんなメーカーがあってどのメーカーのロードバイクがいいのか?まずはそこからだと思います。

今まで自転車のメーカーと言えば「ブリヂストン」ぐらいしか存じ上げてない方がほとんどだと思います。

ショップに行く前にあらかじめある程度の情報をこのページで学んでから、ショップへ行く事をオススメします。

心理的には塾で少し前に勉強した事が、学校の授業で出てきた時の余裕感に少し似ているかもしれません。

せっかく買うのであれば間違いないメーカーのロードバイクを買って楽しんんで欲しいので、主要のロードバイクメーカーを幾つかピックアップしてみましたぜひ参考にしてください。

GIANT(ジャイアント)

 

台湾にある世界最大の自転車メーカーです。街でこのマークを見かけた事もあるのではないでしょうか?他のメーカに比べて値段が安い。一番グレードが低いエントリーモデルだと思います。

 

 

コンテンド  ¥78000円(税抜)からラインナップされていて、他にも幅広いグレードのロードバイクがあるので手軽にロードバイクを始めるならもってこいのメーカーです。

Bianchi(ビアンキ)

 

イタリアの自転車メーカーで、創業はなんと1885年と100年以上の歴史をもつ自転車のメーカーです。

オシャレな街乗り自転車としても人気のあるビアンキですが、ロードレースの世界では名門であり、もちろんロードバイクのラインナップも様々なグレードを用意していて充実しています。

 

様々なロードバイクが展開されていますが、どのグレードのロードバイクもカラー「チェレステ」が有名です。

GIOS(ジオス)

イタリアの自転車メーカーで、フレームの精度の高さと鮮やかな青「ジオスブルー」が有名です。

クロモリ素材のロードバイクに力を入れている印象で取り扱い店の多さと、あとはバランスのとれたコスト、ラインナップの多さも申し分ないので、初心者の方にオススメです。

Trek(トレック)

 

アメリカに拠点を置く自転車メーカーで、レースで戦えるハイエンドモデルから街乗りに使用するエントリーモデルまで幅広くラインナップされています。

取り扱い店が限られていて、トレックストアにしかほとんど置いていないので、入手しやすさは他のメーカーに比べてやや高めです。

Cannondale(キャノンデール)

 

 

アメリカに拠点を置く自転車メーカーで、主にアルミフレームのロードバイクに力を入れていて、他のメーカーに比べるとエントリーグレードのロードバイクの価格は少々高めですが本格的なアルミフレームのロードバイクを手に入れることができます。

FUJI(フジ)

 

 

日本発のメーカーですが現在はアメリカに拠点を移しています。本格的なロードバイクはもちろん、街乗りでデザインが映えるピストバイクの「FEATHER」は圧倒的な人気を誇っています。

また割と取り扱い店が多いので近くの大手チェーンの自転車屋さんでも、取り寄せが可能かもしれません。

まとめ

 

以上6個のメーカーを紹介しましたがいかがでしたか?ロードバイクのメーカーはまだまだありますが、コストや手に入りやすさを考慮してこの6個を紹介しました。

他にもロードバイクを選ぶ際に読んで欲しい記事が幾つかあるので、最後に紹介しておきます。

家から近いのが一番 ショップ選びのポイント。それは技術があるショップ 品揃えが良いショップ、いろいろあると思いますが。 や...
失敗しないロードバイクの選び方 まず始めに一番大事なことです。ロードバイクを選ぶ際に一番大事なことは、自分が「気に入る」かどうかです。どんなけ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

激安ロードバイクランキング1位の「グランディール」を徹底分析

NO IMAGE

ロードバイクのフレーム素材と価格の親密な関係性

NO IMAGE

自転車便「メッセンジャー」とはどうゆう仕事なのか?

NO IMAGE

GIOS(ジオス)のロードバイクの評価とオススメのロードバイクは?【2017年モ...

NO IMAGE

「ロードバイクはパンクしやすい」はどこからの情報なのでしょうか?

NO IMAGE

ロードバイク入門する前に読みたい記事。購入後だから言えること