ロードバイクに付けるリアライトの必要性を語りたいと思う。

ロードバイクのリアライト

ほとんどの方は前方のライトを付けますよね?ではリアライトは?と問うと付けていない人もおられると思います。夜道を走る場合は後ろの反射板だけでは心細いです。

自転車の目線だけではなく車、バイクから見たロードバイクの後ろはどうでしょう?運転手がもしかしたら目が悪い可能性もあります。今回はそんな「リアライト」が主人公のお話になります。

ロードバイクのリアライトは法律的に必要?

次のような場所を通行する場合において、尾灯を点灯することができない場合には、自転車には反射器材(後方反射板)を装備しなければならない。

  • 夜間(日没から翌日の日の出までの間)の道路
  • トンネル内(照明が暗く50m先まで明瞭に見えないトンネル)
  • その他、濃霧の中など、50m先まで明瞭に見えない暗い場所

尾灯を点灯することができる場合には、反射器材は装備しなくとも良い。
また、上記の場所を一切通行しない場合には、尾灯の点灯も反射器材の装備も必要ない。
尾灯の点灯については、夜間・トンネル内のライト点灯を参照されたい。

反射器材の基準

反射器材は、次の基準を満たすものでなければならない。

  • 性能:夜間、後方100mから自動車の前照灯(ハイビーム)で照らし、反射光を容易に確認できること
  • 色:橙色または赤色

自転車の道路交通法より参照しました。

長々と難しいことを書いてありますが、要するに後ろには「赤色の反射板かライトを付けてください」と書いてあります。

なのでテールライトはついていなくても反射板がついていれば法律上は問題ないと言うことです。そしてなんと自転車につける義務はないので、極端な話リュックにつけても問題がないとのこと。

車から見たロードバイクのリアライトの必要性

車からすると大通りは街灯があるので自転車の存在もわかります。リアライトが付いているとなおわ分かりやすいです。これが裏道だと目が良い人でも直前まで存在が分からないなんてことが良くあります。

目が良くないドライバーなんかは気がつかないでしょう。別にステルス部隊でもなんでもないので気配を消す必要はないんです。目立ちましょう。

テールライトで道路を平和に

あなたがテールライトをつけることによって道路が平和になります。あなたがテールライトをつけているのを見た車のドライバーはあなたを避けて走り、そしてなぜかドライバーは安全運転を心がけます。

あなたがテールライトをつけているのを見た無灯火のサイクリストは、それをきっかけにテールライトを購入して、そしてなぜか安全運転を心がけます。

僕の記事を見てテールライトを購入した方がいるとすれば、僕はなぜか安全運転を心がけます。

あなたが変われば世界が変わります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ロードバイク購入の総額はいくら?目安は本体+21434円

ロードバイクコンポーネント「TOURNEY A070(ターニー)」の価格や性能に...

NO IMAGE

ロードバイクでちょっと遠出する際に僕が実際に持っていってる物6個

NO IMAGE

ロードバイクコンポーネント「CLARIS(クラリス)」の価格や性能について

NO IMAGE

SHIMANO(シマノ)ロード用のSPDペダル全5種類の紹介【最大54%OFF】

NO IMAGE

ロードバイクコンポーネント「SORA(ソラ)」の価格や性能について