ロードバイクがパンクしたら即座に自転車を降りよう。乗り続けていると思わぬ出費が…

ロードバイクがパンクしたら即座に降りる

 

「あ、パンクした」と思ってからあなたは自転車にどれくらいまたがっていますか?

本来走行できないはずのパンク状態で「まだいける」と変な自信で

そのまま走行していませんか?

 

修理費をできるだけ抑えたいのであればすぐ迅速に自転車から降りましょう。

小さなことですぐ傷ついてしまう。あなたが思っているより

「タイヤとチューブ」は繊細なのです。

 

なぜロードバイクがパンクしたら降りないといけないのか?

 

 

それは穴が増えるからです。

 

「パンクした」と思った時のパンク1箇所であっても、そのまま乗り続けると

パンクの穴は増える可能性があります。

 

例えば何か鉄クズが刺さっていたとして、鉄クズくんはまず最初に一箇所穴を空けます。

そして空気が抜けるとタイヤの中でチューブが動きます。

鉄クズくんはチャンスだと言わんばかりにもう一箇所穴を空けます。

そしてまた…以下省略

 

こう言った風に鉄クズくんが刺さっている限り鉄クズくんは働き続けます。

結果穴がたくさん空いて本来一箇所であれば1000円以下で収まったパンク修理代は

チューブ交換に進化するわけです。

 

何も刺さっていない場合も一緒です。

空気がない状態で走ると地面とリムに挟まって穴が空きます。

これはいわゆる「リム打ちパンク」と言います。

 

タイヤの形も「ペチャン」となってしまうので、型がついて長期的に見ると

側面が割れやすくなったりします。

 

パンクしたまま乗ることはもちろんホイールにもよくありません。

自分の体重と地面からくる衝撃を全て受け止めるホイールの気持ちにも

なってみてください。

 

あなたがホイールならどうですか?軽くグレると思います。

ホイールが曲がってしまうとそれこそかなりの出費につながるので

 

原則「空いたら乗るな、乗るなら空けるな」

 

 

ロードバイクがパンクした時の対処法

 

一番ベストは「パンクした」と思ったら担ぐ、とにかく担ぐこと。

タイヤを地面に触れさせてはならないと自分でルールを決めて諦めないこと。

 

刺さっているものは抜けるのであればすぐに抜くこと。

そして何より乗らないこと。

 

 

ロードバイクをパンクさせないための秘訣

 

それは空気を小まめに入れること。当たり前のように思えてこれが一番重要

家に空気入れがあるならいつでも入れられますが、ない場合結構

店に持っていくの気が引けるんです。

 

「今日はまだいいや」「また今度持って行こう」と引っ込み事案な私は

思ってしまう訳です。

 

ポンプ買っちゃいましょう。パンクすることを考えればポンプの一つや二つ

買った方が経済的です。

 

ロードバイクは空気をこまめに入れないとダメだって聞いたけど、どれくらいの頻度で入れれば良いんだろう?そのそも自分で入れられるのかな?と思っている...

 

後は砂利道は走らないとか、段差はなるべく避けるとか

基本的なことで大幅に防げると思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ロードバイク人気メーカー【Cannondale(キャノンデール)】について

NO IMAGE

ロードバイクのネット購入は悪みたいな固定概念はもう取っ払ってしまおう!

NO IMAGE

BMXっぽいトリックをロードバイクでやってのける動画

NO IMAGE

5万円以下のロードバイクDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)とは?

NO IMAGE

ロードバイクの購入場所は大きく3通り!オススメはやはり...

NO IMAGE

キャニオンのロードバイク人気の秘密は?ハイグレードなのに凄すぎる価格設定の不思議