ロードバイクオススメのパンク修理キットと自転車屋さんも使用するあると便利なもの!

ロードバイクのパンク修理

自称メカニック
パンクは誰もが必ずしも通る道である

乗ってるとそのうち一回はパンクすることもあるでしょう。毎回ちょうどいいところに自転車屋さんがあるわけではなく、パンク箇所の数や自転車屋さんによっては修理代金もバカにならないのでパンク修理をできるようになっておくと経済的に少し助かります。

 

出先であればとりあえずチューブ交換をして後でパンク修理をして置いておけばまた使用することも出来ます。

自称メカニック
ただしゴム製品なので置いておくだけでも劣化はするぞ!

 

パンク修理キット

パークツール(ParkTool) パッチキット

このセットでパンク修理ができるセットなのですが、このセットはタイヤレバーが付属ではないのでタイヤレバーは別途用意が必要です。ロードバイクなどのチューブは高圧になるので普通のパッチよりパークツールのようなHIパッチのほうが剥がれにくくオススメです。

 

パナレーサー パンク修理 イージーパッチキット

パナレーサーのキットにはタイヤレバーも3本付属していますパッチは2枚しか入っていないので上手くいけば良いのですが、失敗できない枚数です。

 

パンク修理キットに関してはどちらかを用意しておけば問題ないのですが失敗しないコツはここからです。

 

パンク修理のコツとあると良いもの

自称メカニック
パンク修理のコツは絶対穴をふさいでやると言う気合です!

確かに気合も大事ですが本当に大事なのは「削る作業」です。完全にチューブのテカリがなくなってザラザラになるまでしっかり削れていないと、透明フィルムから剥がそうとした時にくっついてパッチごと剥がれてしまいます。

どちらもヤスリが入っていますがその状態までペーパーヤスリで根気良く削ってください。

 

そこでこう言ったミニグラインダーがあればとても楽にそして確実にチューブを削ることが出来ます。価格は2000円ほどしますがしばらく使えることを考えると悪くない投資かもしれません。実際自転車屋さんはどこもグラインダーを使用しています。

 

まとめ

そこまでパンク修理に本気を出すか?チューブを交換するか?ならチューブを交換した方が早いし初期費用は抑えられます。しかし一旦揃えておくと後々便利なことも確かなので、良くパンクする方や家族の自転車のパンク修理もしたい方などにはかなりオススメです!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

元自転車屋さんが教えるロードバイクの空気の入れ方【動画あり】

ロードバイクがパンクした時にオススメなパンク修理キット4選

雨の日の後のメンテナンス、特に念入りにケアしたい6箇所!

賠償命令が9000万円?!自転車保険の必要性

ロードバイクの注油その場所はOK?実は注油NGな5箇所!

ロードバイクを綺麗にするためのツールはコーナンで400円で揃う