良く聞くロードバイクのOEMとはどう言ったものなのか?

OEMとは?

自称メカニック
あーOEMね、うんうん。

とこんな風に今更OEMについて聞くに聞けず適当に流してはいませんか?

自称メカニック
いや、知ってるしOEM

OEMとは簡単に説明すると「うちのメーカーのロードバイクの生産お願い。設計書とか作り方とかは渡すから」と他社に生産の依頼をすることです。なぜこんな事をするか?ぶっちゃけエントリーのモデルやミドルグレードのモデルをいちいち一台一台作ってられない訳ですよメーカーも。生産台数を上げたいんですよ

このグレードのロードバイクをできるだけコストを下げ生産してもらう事によって。大量かつリーズナブルに販売ができると言う訳です。だがしかしこの関係がいつまでも何の変化もなく続くはずもなく、一見お互いが得をしてるかのようなこのパターンですが良く考えてみてください。

仮にですよ「ブリ◯ストンサイクル」「会社A」に自転車の生産をお願いします。そして出来上がった自転車を「ブリ◯ストン」の自転車として販売すると生産のコストはかかるにしても「ブリ◯ストン」が美味しいところを持って行ける訳です。

ではどうなるでしょうか?

自称メカニック
「会社A」は生産してるのは俺たちだからこれをブランドとして販売したら上手くいくのではないか?と考え出します。

そうですね。さすがに「ブリ◯ストン」のロゴは使用ができませんが、どんなロゴを使おうと「ブリ◯ストン」と同じ品質の自転車を生産できるのですから。いくら生産しても自分たちの会社名は載らず有名にもならない自転車を生産し続けるより…

「それだったら作っちゃおうよ」

こんな感じで出来上がったロードバイクメーカーはたくさんあります。代表的なもので言うと「GIANT」「MERIDA」がそうです。

※豆知識:ブリ◯ストンのタイヤもブリヂストンが生産している訳ではありません。

大体のロードバイクは自社生産ではない

ほとんどのロードバイクは自社生産ではないのです。イタリアに本社がある有名メーカーだったとしてもそこで企画や設計、生産されているロードバイクはごく一部で、後はほとんどの場合中国だったり台湾だったりで生産して販売されています。

自称メカニック
え?そうなの?

だからと言って何てことはないのですが、どこで生産されたかまで気にする人は少なく自分の買ったロードバイクが本当はどこで生産されているかなんて知るすべもなければ、おそらく販売している側も分かっていないはずです。

どこで生産されていたとしても製品として販売される以上そしてメーカーのロゴを使用している以上あまりにも粗悪なものは販売できないです。

なので知っていても知っていなくても良い知識ですが一応参考までに。

Amazonサイバーマンデー開催中

50%OFF商品多数

アマゾン今年最後のビッグセールで、サイクル用品を激安でゲットしよう!

サイバーマンデーの会場はコチラ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ランサーズで稼いだお金でロードバイクを購入しよう。プロジェクト【企画編】

NO IMAGE

もしもランサーズの収入でロードバイクが購入できたら。【作業編 #2】

NO IMAGE

『imovie』も『Final Cut Pro』も僕レベルになると結果同じ。

NO IMAGE

祝100記事!スタートから今までのアクセス数と人気記事。

NO IMAGE

新宿スワン続編が決定!出演者である伊勢谷友介さんの自転車熱がすごい。

NO IMAGE

こじはる(小嶋陽菜)も乗っているスポーツバイク!イケてる女の子が選ぶスポーツバイ...