メリダが2018年モデルのロードバイク「リアクト」をフルモデルチェンジで発表

2018年モデルMERIDA (メリダ)リアクト

 

メリダの人気エアロロードバイク「リアクト」の2018年モデルがメリダから公式に発表がありました。すでに2017年のツルードフランスで使用されていたこのロードバイクですが、2017年モデルと比べどこが変化したのか?

 

2018年モデルMERIDA (メリダ)リアクトのスペック

2011年に初代リアクトが発売されてから2018年モデルの発表までの7年間で様々な進化を遂げてきました。2018年モデルで第三世代となりつまり2017年モデルとは違い完全にフルモデルチェンジを遂げたのです。

 

従来のフレーム重量は1250gであったのに比べ新型リアクトは1010まで軽量化されてメリダ至上最も軽量で最もく空力性能に優れたロードバイクになったと書かれています。

 

また空気抵抗は単独で100km走ったとすると30kmはドラフティングして走った時より高いエアロ効果を得られると言います。単独ですよ

 

自称メカニック
恐るべし空気抵抗

 

軽量はされたが第二世代のリアクトつまり2017年までのリアクトと変わらない剛性で生産されているのもすごいですね。

 

ディスクブレーキモデルも

DISC COOLER を採用したディスクブレーキ仕様 アルミニウム放熱フィンによってディスクブレーキキャリパーの放熱性能を 向上する MERIDA 独自の DISC COOLER を前後に採用したディスク ブレーキ仕様をラインナップ。放熱時間を 35%短縮し、安定した制動力を発揮。

 

MERIDA(メリダ)公式サイト リアクトのページはこちら

まとめ

2018年のロードバイク情報はこちらのまとめ記事にもアップしていきます。こちらもチェックしてください!

2018年モデルロードバイク各メーカーのラインナップと注目ポイント!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクを室内保管できない場合のおすすめサイクルカバー4個と必要性

電動アシストロードバイク「YPJ-R」を実際に乗ってみて感じたこと

KUOTA(クオータ)ロードバイクの特徴と2018年モデルラインナップ

ロードバイクを楽しむために抑えたい5個のポイント!

DEEPER(ディーパー)激安ロードバイクの評判と性能についてまとめ

ロードバイクを海外通販で購入する際の日本語対応おすすめサイト3選