クロスバイク人気メーカーの特徴まとめ!どのクロスバイクがオススメなのか?

自称メカニック
クロスバイク種類いっぱいありすぎてどれが良いか全然分かんねーよ

クロスバイクのメーカー

確かにクロスバイクのメーカー、ラインナップは沢山あるので始めてクロスバイクを購入する時は迷うかもしれない。

だけど沢山あるからこそ選べる選択肢がより多く、各メーカーそれだけのラインナップを出していると言うことは、それだけクロスバイクの人気があると言う何よりの証拠です。

クロスバイクを選ぶポイントやクロスバイクとは何なのか?と言うところはコチラの記事を読んでもらって

はじめのご挨拶 いやそんなに大したテーマではないけど、今までママチャリにしか乗った事がなかったりそもそも自転車に興味を持つ事がなかった...

実際に購入してから「これどこのメーカーのクロスバイクなんだ?」「これ買ってよかったのかな?」では遅いので、クロスバイクはどんなメーカーがあってどんな特徴があるかなどを知っているとより選びやすくなります。

なので国内で販売されている主要メーカーの特徴やポイントと人気のクロスバイクを紹介したいと思います。

自称メカニック
これから始めようと思うんだけど変なメーカーのやつは買いたくないし、失敗したくない。

と言う方だと今回紹介するのは有名なメーカーばかりなのでこの中のもので選べば間違いないです!

※2018年11月追記。各メーカーの2019年モデルとCOLNAGO(コルナゴ)を追記しました。

GIANT(ジャイアント)


ジャイアントは聞いた事がある人も少なくないのではないでしょうか?台湾にある自転車メーカーでクロスバイク、ロードバイク、MTB、ミニベロと幅広くラインナップしていて総合自転車メーカーとして世界一の生産量を誇るメーカーです。

同グレードぐらいのものが他のメーカーより1万円安かったり、もちろん同じ自転車ではないので一概には言えませんがコストパフォーマンスが高いと人気です。

ではGIANT(ジャイアント)の代表的なクロスバイクを紹介します。

エスケープR3

価格 ¥53,000
重量 10.7kg
変速 24速
タイヤ 700×28c

ジャイアントが誇るベストセラークロスバイクで恐らく全国で統計を取っても「クロスバイク」と言うジャンルの中で一番乗っている人が多いクロスバイクなのではないかと思います。

それだけ人気があり特に始めの一台にクロスバイクを選ぶときに、価格も性能もちょうど良いところを突いてきます。

2017年も折り返しに近い今日この頃残すところ後半年しかありません。さてジャイアントの人気クロスバイクシリーズ「エスケープR3」の2018年モデ...

エスケープに関しては別途記事を書いているのでコチラもどうぞ!

BIANCHI(ビアンキ)

イタリアの自転車メーカーで、鮮やかな空色「チェレステ」はオシャレな自転車の象徴として女性の方や街乗りで使用するクロスバイクとしても人気がありますが、元々はロードレースの名門で数多くの大会での実績がある有名なメーカです。

クロスバイクはカラーリングもオシャレなカラーリングのものが多く、価格設定は他のメーカーと比べても少し高めなように感じますが、ラインナップが多くディスクブレーキ搭載のモデルなんかもあるので選べる幅は広いです。

価格 ¥59,800
重量 kg
変速 24速
タイヤ 700×35c

幅広いシュチュエーションに使用できるクロスバイクだとは思いますが、デザインが「気に入った」「見た目が好き」と言う感じであれば全然問題はないのですが、むしろデザインは大事!

自称メカニック
俺は性能面、コストパフォーマンスで選びたいんだ

と言う方は税込価格で6万円近くしますし、そこまで性能が飛び出て言い訳ではないので微妙なのではないかと思います。

MERIDA(メリダ)

台湾の自転車メーカーで、ジャイアントに次いで台湾第2の自転車メーカーです。自転車全体で見るとやはり価格は低めに設定されていてコストパフォーマンスが高い。クロスバイクはメリダからラインナップされているものはあまり多くはない。

CROSSWAY 100-R

価格 ¥55,900
重量 11.6kg
変速 24速
タイヤ 700×28c

スタンドが最初から付いていて、日常の生活利便性も考えらています。タイヤサイズは28cになっていて軽快さも失わないベストサイズです。

思いっきり街乗り用にラインナップされたクロスバイクなので、使用する状況などによっては効果を発揮します。

しかし「スポーティーに乗りたい」「趣味にも」と言う方には正直オススメできません。

FUJI(フジ)


創業は日本だけどなんだかんだでアメリカに拠点のある自転車メーカーです。クロスバイクは「STREET CROSSOVER」と名付けられていて文字通り主に街乗りで、使用を目的としたオシャレなカラーリングのクロスバイクがラインナップされています。

RIZE

価格 ¥59000
重量 10.8kg
変速 24速
タイヤ 700×32c

2019年モデルから「PALETTE」がなくなり、RIZEになっています。カラーリングはパレット譲りですが、少し落ち着いた印象に代わり、もちろん駆動系のパーツはシマノで統一されています。

価格は、エスケープなどと比べると高めに設定されているので、「人とかぶるのがいや」と言う方やデザインを優先したい方にはおすすめです。

RITEWAY(ライトウェイ)

 ライトウェイはライトウェイの他にもいろんなパーツなど取り扱いがある、日本の代理店のような感じです。ライトウェイと名の付いたラインナップの中に本気のスポーツバイクはなく、ママチャリより上の欧米のようなライフスタイルの一部として取り入れられるオシャレな自転車がメインです。

メーカーは日本人の為の日本人が作ったスポーツバイクをコンセプトにしているので、とても全体としてふんわりとしたイメージがある。

SHEPHERD

価格 ¥55800
重量 10.9kg
変速 8速
タイヤ 24″(150〜160cm)
26″(160〜170cm)
700C×38C(170〜180cm)

このように自転車サイズによってタイヤサイズも変わるので、小柄な方や女性の方も選びやすくなっています。スマートフォンマウントが純正で付いていたりハンドルバーもまっすぐではなく、手前にやや曲がっていて街乗りに使用したい場合はオススメです。

FELT(フェルト)

FELTも日本ではライトウェイが取り扱っているメーカーの一つで、元はドイツの自転車メーカーであり、現地やヨーロッパ圏では人気があるが、

日本ではあまり浸透していないように感じます。クロスバイクに関しては1台しか種類がないです。

※2018年モデルから「Verza Speed 40」と言うディスクブレーキ搭載モデルがラインナップに加わったので2種類になります。

Verza Speed 50

価格 ¥55800
重量 12.8kg
変速 24速
タイヤ 700×30c

ロードバイクの最新テクノロジーを取り入れてモデルチェンジをした、Verza Speed 50ですが、まず何より重量が気になります。同価格帯のクロスバイクと比べると、1~2kgの差があります。

よっぽど気にいったなどの理由がないのであれば、性能面ではまず選ばないです。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

カナダに本社を置く自転車メーカーで比較的カジュアルなスポーツバイクを「ルイガノ」と名付け本格的なものは「ガノー」と名付けられています。隠す必要もないのであえて言うとネットや自転車乗りから妙に嫌われていて、ネットなどで検索すると結構批判が出てきます。

それが嫌な方はこのメーカーは避けた方が良いです。ただ乗るのは自分なのでそんな批判を気にしていてはキリがありません、気に入ったのなら胸を張って購入しましょう。

SETTER 8.0

価格 ¥54000
重量 12.1kg
変速 24速
タイヤ 700×32c

ルイガノを販売していた「アキコーポレーション」が株式会社あさひと日本総販売代理契約を結んだのでラインナップと自転車の名前が変わり、2017年まで販売していた大人気クロスバイクのCHASSE(シャッセ)が消えてしまった。

そこからルイガノのクロスバイクはガラッとラインナップが変わっています。

自称メカニック
名前変わっただけであんま変わってないけどね

デザインも昨年のモデルとは少し変わった程度。個人的にはこのカラータイヤはすぐ真っ黒になるので、あまり好きではない。

GIOS(ジオス)

イタリアの有名な自転車メーカーで創業は1948年とかなり伝統があります。イメージとしてはだいぶクラシックっぽいイメージでデザインも他のメーカーとは違った「古き良き」みたいな感じが見て取れます。

MISTRAL(ミストラル)

価格 ¥51000
重量 10.8kg
変速 24速
タイヤ 700×28c

この価格でありながら性能が高く、重量も軽い。ブレーキやホイールまでシマノパーツで統一されていてとても完成度の高い一台だと思います。

関連記事:クロスバイク選びで必ずGIOS(ジオス)ミストラルを経由する理由を調べてみた。

SPECIALIZED(スペシャライズド)

アメリカにある自転車メーカーで、かなり人気の高い本格派のイメージです。クロスバイクでも上位のものはフレームにカーボンを使用したものまで用意されているのでその本気度が伺えます。

SIRRUS MEN SPORT

価格 ¥82080
重量 kg
変速 18速
タイヤ 700×32c

耐久性と信頼性に優れた軽量のA1高品質アルミ合金で作られ、シマノ・ソラ リアディレイラーやテクトロ油圧ディスクブレーキなどの丈夫なコンポーネントを装備しています。

価格はやはり高いですが、趣味、ロングライドにも使用したい方には、こちらがおすすめです。

SIRRUS MEN V

価格 ¥59400
重量 kg
変速 21速
タイヤ 700×32c

スペシャライズド感を残した「フィットネスバイク」です。性能が飛び抜けて良いと言うわけではないので、スペシャライズドが好きと言う方にはおすすめですが、そうでない方には正直微妙です。

COLNAGO(コルナゴ)

コルナゴはイタリアに本社を置きかなり歴史のあるスポーツバイクメーカーの一つです。スポーツバイクのラインナップはそこまで多くないものの、その人気は今もなお衰えることはありません。

価格帯は少し高めでエントリーには向いていないところはありますが、人とは違うクロスバイクに乗りたい方、クラシックなデザインが好きな方にオススメです!

EPOCA

価格 ¥85000
重量 kg
変速 27速
タイヤ 700×28c

まずこの細身なフレームがなんといっても良いですね。ハンドル、サドル、ステム、グリップにはしっかりとコルナゴのクローバーマークが入っていて、デザインもさることながら性能もバッチリです。

まとめ

自称メカニック
大体どんなメーカーがあるか分かったよ

この他にもたくさんのメーカーがありクロスバイクもありますが特に取り扱っている店が多くて目にする機会が多いメーカーを紹介しました。皆さんのクロスバイク選びの参考になればと思います!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

GIANT(ジャイアント)エスケープR3の2018年モデルが発売開始!2017年...

NO IMAGE

GIANT(ジャイアント)エスケープR3を始めとするエスケープシリーズの解説【2...

LIGのクロスバイクを買う前に見て欲しい記事。評価やレビューまとめ

NO IMAGE

クロスバイク選びで注目したい3つのポイント!

元自転車屋さんから見てよく売れていた人気のクロスバイクTOP3はコレだ!

NO IMAGE

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクの特徴と違い