10万円以下の失敗しないロードバイクLOUIS GARNEAU(ルイガノ)編

はじめに

初めてのロードバイク購入絶対失敗したくないですよね。

安い物じゃないし、購入してからネットで調べると批判の嵐。なんて事になった日にはおそらく立ち直れないぐらいの、ショックを受けることになります。

 

決してそうはならないための知識の一つとして、今回は

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

と言う自転車ブランドの話です。

 

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)とは?

ルイガノとはカナダに拠点を置くスポーツメーカーで、

創業者はルイ・ガノーさんです。このルイ・ガノーさんは自転車の

トラック競技者でロサンゼルス五輪にも出場する一流の競技者なんです。

 

しかし日本で発売されているLOUIS GARNEAU(ルイガノ)は

アキコーポレーションという日本の会社が企画販売しているので、

どういう事かと言うと名前を借りてるという形になっています。

だからといって極端に品質が悪かったりする訳ではありません。

 

オシャレなデザイン

このオシャレなデザインこそがLOUIS GARNEAU(ルイガノ)の一つの

ポイントでもあります!オシャレに乗りこなせるロードバイクなんです。

街乗りもこなせてロングライドもこなせる、エントリーモデルとしては

最適なんじゃないでしょうか?

 

エントリーしやすい値段帯

エントリーモデルとしてオススメしたい値段帯は10万円以下

具体的に言うと8万円前後です。

 

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)はこの辺りの値段帯のロードバイクも

発売されています。型落ちモデルなどあまり、モデルにこだわりがないので

あれば定価より安く販売されている可能性が高いのでオススメです!

 

スポーツタイプの自転車の値段は概ねパーツのグレードとフレームの

素材などによって左右されます。8万前後の車体を最初に購入してそこから

パーツをグレードアップさせていくのもいいですね!

 

乗ってる人が多い

これは短所にもなりえますが、それだけ人気のある車種とも

捕らえられます。人と被ったりするのが絶対に嫌だという方にはあまり

オススメできませんが、たくさんの人から支持のある人気車種という事ですね!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

街乗りに向いているロードバイクの特徴と2019年モデルでオススメの車種3選

NO IMAGE

ロードバイク購入前に必ず見て欲しい盗難の恐怖の話

カノーバーのロードバイクの性能やレビュー!4万円ロードバイクの実態

NO IMAGE

根強い人気を誇るかっこいいクロモリロードバイクまとめ

FUJI(フジ)2018年モデルのロードバイク「SINARI(シナリ)」の性能と...

激安ロードバイクを通販で買おうとしている人が気をつけたいポイント