ロードバイクを海外通販で購入する際の日本語対応おすすめサイト3選

はじめに

ロードバイクを少しでも安く購入したいと思う方は多いと思います。国内で販売しているロードバイクは店やネットショップによって多少の価格のばらつきはあるものの基本的にはそこまで変わりません。

ですが海外通販であればその価格に驚くと思います。日本国内で販売している価格よりも圧倒的に安いのです。

ロードバイクの海外通販はハードルが高い?

「海外通販」と聞くだけで少しハードルが高く感じてしまいますが、そんな事はありません。基本的にAmazonで買い物ができる人であれば購入ができて、サイト自体も今回は日本語対応のサイトを紹介するので英語やそのほかの言語が読めなくても平気です。

さらに今回紹介するサイトは配送料も5000円以上お買い上げで無料や何円以上お買い上げで無料というサイトなので高額な配送料に悩まされることもありません。

海外通販ならロードバイクを激安で購入できる?

ロードバイクの完成車は元の価格が高いので激安と言っても30万円するものがいきなり数万円になったりはしませんが、それでも割引率から言うと30%〜40%ほどの割引の商品は多く存在します。

勿論パーツもたくさんあるので、タイヤやワイヤー類などもまとめて購入して送料を無料にするとかなりお得にパーツも購入することができます。

ロードバイク完成車を海外通販で買う場合の注意

ロードバイク完成車を海外通販で購入する場合は家に届くのですが、段ボールに入って送られてきます。なのでタイヤをはめたり場合によってはワイヤーを通したりと言う作業があるので、組み立てに自信の無い方は少し困る場合があります。

海外通販サイトによっては近くのショップに送って組み立てを店でやってもらってから受け取りと言う流れで購入できるサイトもあるので、

別途費用はかかりますが組み立てが出来そうに無い場合はそう言ったサービスの有無を確認してから海外通販サイトを選んでも良いと思います。

おすすめのロードバイク海外通販サイト

Wiggle

ロードバイク完成車からパーツ、ウェア類など幅広く展開していてどのカテゴリーの商品もラインナップが豊富な有名海外通販サイト。

5000円以上の購入で送料無料

フレーム、完成車を除くパーツ類の送料が5000円以上の購入で無料になります。また完成車の送料は7218円なので送料を合わせたとしても、その分を上回るほどの割引きが適用されています。

購入から365日間返品可能

この返品サービスは商品の不良だけでなく、「商品が気に入らない」「商品がイメージと違う」などの理由でも新品の状態であれば返品が可能です。

返品場所も海外へ返品するのではなく日本国内に設置されているので、安心です。

価格保証

大手のオンラインストアでwiggleより価格が安いものがあった場合はその価格に合わせますと言うサービスです。大手オンラインストアと書いてありますが、

サイトの説明ページにはできるだけ多くの小規模オンラインストアも対象にすると書いてあるので、日本人が使用するような日本語対応の海外通販サイトであれば大体は対象になります。

Wiggleの特徴
5000円以上購入で配送料無料

・365日間返品可能

・商品価格保証あり

Chain Reaction Cycles

Chain Reaction Cyclesの特徴はロードバイクやマウンテンバイクだけでなく、BMXの取り扱いメーカーとラインナップが多いところです。

5000円以上購入で送料無料

パーツ類と幼児車BMXは5000円以上購入で送料が無料ですが、完成車や大型商品は送料が15000円かかります。

購入より12ヶ月間の返品可能

こちらもWiggleと同じように返品が可能です。

Chain Reaction Cyclesの特徴

・5000円以上購入で送料無料

・購入より12ヶ月間の返品可能

Chain Reaction Cyclesを見てみる

サイクリング・エクスプレス

 

完成車組み立てサービス

ネットで購入して日本国内にある近くの自転車ショップで組み立てしてもらってから受け取ることができるサービスです。勿論組み立て費用は別途かかりますが、ネットショップの難点を解決してくれる素晴らしいサービスです。

送料は一部商品が無料

送料が無料と書いてある商品は送料が無料で、書いていないその他パーツが1999円

完成車が9999円で配送が可能です。

VIP会員制度

3900円でVIP会員になることが出来て、VIP会員になると特別価格でパーツやロードバイクを購入することができます。

そのほかにも上記画像の得点を受けることができるVIP制度があります。

 

サイクリング・エクスプレスの特徴

・VIP会員制度

・完成車組み立てサービス

・送料は一部商品が無料

まとめ

以上が日本語対応の海外通販サイトです。一度見ておけば今度パーツやロードバイクを購入する際に選択肢が広がるのと、上記の海外通販サイトを見た方なら分かると思いますが見ているだけでもかなり楽しくて長時間見てしまいます(笑)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メリダが2018年モデルのロードバイク「リアクト」をフルモデルチェンジで発表

ロードバイクがパンクしたら即座に自転車を降りよう。乗り続けていると思わぬ出費が....

ロードバイクAnchor(アンカー)は日本人に適したロードバイク!!アンカーの魅...

ジャイアントのロードバイク「CONTEND」シリーズ2018年モデルはどう変化し...

元自転車屋さんが教える本当に正しいロードバイクの選び方!ネットはダメ?チェーン店...

失敗しないロードバイクの選び方!購入する際に気を付けたいたった5のステップ