初めてのロードバイクと一緒に購入したい!キノコにならないオススメのヘルメット4選

ロードバイクに乗る上で、欠かせないヘルメットですが、どれが良いの分からない方や、本当に必要なの?と思う方も多いと思います。

今回の記事では、ヘルメットの必要性やおすすめのヘルメットを紹介していきます。ロードバイクを購入したけど、ヘルメットをまだ用意していない方は是非参考にしてください。

ロードバイクヘルメットの必要性

確かにヘルメットをかぶるのは少し抵抗があるかもしれませんし「自転車にヘルメットなんて」と思うかもしれません。しかも法的な違反や罰則もないので、ぶっちゃけ被らなくても罪に問われることはありません。

しかし30km以上の速度が出る乗り物でもあり、身を守ると言う点では、あったほうが良いのは確かです。自転車のヘルメットって持って見ると分かるのですが、めっちゃ軽いんですよ。

「こんなんで本当に頭守れるのか?」「お前こんな軽くて大丈夫か?」ってぐらい、でもちゃんと守ってくれるんです。彼、意外と頑張り屋さんなんです。

このようにヘルメットがなければ、頭により大きなダメージを負っていたと考えられる写真があります。

僕もそんなに高いやつではないですが、ロードバイクを初めて購入するタイミングで一応買っとこうと、一緒に購入して使用しています

最初は抵抗があるかもしれませんが、使ってると次第に慣れてきます、そのうち被っていることすら忘れてお風呂に入る日が来ると思います。

最近ではおしゃれなヘルメットもありますので、是非参考にしてください。

一万円以下で買える手頃なヘルメット

  • 「手始めにヘルメットでも買うか!でもどれにしようかな?」
  • 「最初だしそんなに高いのはな〜?」
  • 「ツーリングで使用するならどれかな?」
  • 「ロングライドで…」

って言う方。つまりは趣味で使う方に手頃でオススメなヘルメットを紹介していきます。

GIRO(ジロ) アスペクト

GIRO(ジロ) Aspect Helmet アスペクト サイクリング ヘルメット (Matte Black, M (55-59cm)) [並行輸入品]

自転車のヘルメットのみならずスノースポーツのヘルメットの製造も行っているメーカーです。自転車用ヘルメットだけでも、エントリーからトップグレードのものまで数多くラインナップされていますが、今回おすすめしたいのは、アスペクトです。

想像している自転車用ヘルメットとは少し違い、まるで帽子を被っているかのようなおしゃれなデザインになっています。

自称メカニック

自称メカニック
よく言えば本気すぎないヘルメットだな!

ヘルメットに抵抗がある方はまず、このヘルメットからスタートしてみてはいかがでしょうか?街乗りにもツーリングにも幅広い用途で使用することが出来ます。

OGK KABUTO(オージーケーカブト)REZZA

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット REZZA M/L (頭囲 57cm~60cm)

OGKの商品で日本自転車競技連盟公認のヘルメットです。要はレースとかで使えますよって言うやつなんですが、価格もリーズナブルでOGKのヘルメットは、日本人向けに作られているのでいわゆる「キノコ」になりにくい設計になっています。

約7000円でJCF(公財)のヘルメットなので、かなりコストパフォーマンスが高く、しっかりフィットして重さも気になりません。初めてのヘルメットにはピッタリのおすすめ商品です。

BELL(ベル)ドラフト アジアンフィット

BELL(ベル) ヘルメット 自転車 サイクリング ロード Draft Asianfit [ドラフト アジアンフィット マットブラック AF] 7080363 (頭囲 54cm~61cm)

オーソドックスなデザインであり、6000円代とお手頃な価格で購入が出来ます。BELLは1954年の創業している世界最大規模のヘルメットメーカーで、安心して使用することが出来ます。

デザイン面の高評価も多く、アジアンフィットのヘルメットなので、キノコにはなりにくい構造です。

OGK KABUTO CS-1

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット CS-1 マットブラック M/L (頭囲 57cm~59cm)

OGKのCS-1は帽子感覚で被ることが出来る、スタイリッシュなヘルメットです。GIROのアスペクトよりも安価で、非常に軽量なのもポイント。サイクルジャージには、合いませんが私服で乗る際には、とても便利なヘルメットです。

まとめ

以上ロードバイクと一緒に購入したい、キノコにならないヘルメットを紹介しました。今回紹介したものは、街乗りや軽いライドにはもってこいのアイテムです!是非参考にしてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

アクションカムの自転車用マウント【SONY純正品】を使用してみた感じたこと。

ビアンキのバッグはオシャレだけど多分自転車とは関係ない件

ロードバイクの空気入れの選び方とオススメポンプ4選

ロードバイクを買う前だからこそ見て欲しいよく分かるライトの選び方

ロードバイクを壁掛けで保管するときにオススメなアイテム4選+α

ロードバイクを購入した後に本当に必要なパーツとは何かを今一度考えてみる