元自転車屋さんが教えるロードバイクの後輪の外し方【動画あり】

ロードバイクの車輪は簡単に外すことができます

ロードバイクに車輪はクイックリリースレバーと言うものが付いているので工具なしで簡単に外すことが可能です。しかし外し方が分からないから外さないと言う方も多いと思います。

 

前輪はチェーンが付いていないので取り外しも取り付けも比較的簡単にできますが、後輪はチェーンが付いているので少しだけ難易度が上がります。ですが外し方と戻し方さえしっかりとした手順で覚えてしまえば全然難しいことはありません。

 

なので今回はロードバイクの後輪の外し方をご紹介したいと思います。この記事の最後に動画も用意しているので合わせて見ていただくとより分かりやすくなります。

ロードバイクの後輪の外し方

 

まずチェーンを一番外側に移動させます。

 

 

次に自転車を逆さにします。別に逆さにしなくても外すことはできますが、スタンドがない状態例えば出かけている時なんかはこの方法が一番安定して自転車を立てることができます。

 

 

自転車を逆さにしたらクイックリリースレバーを緩めます。

 

 

クイックリリースレバー緩めた後そのまま車輪を上に引っ張ると車輪が外れます。

車輪を外す工程は以上になり、次の工程からは車輪を元に戻す方法を説明していきます。

 

ロードバイクの後輪の取り付け方

 

 

後ろディレイラーの矢印の部分にスプロケットの歯をかけます

 

 

歯をかけたらそのまま下にストンと落ちていくのでその状態で

 

 

レバーを半分ほど閉めて軽く固定して、逆さにしていた自転車を元の状態にもどします。

 

 

車輪のセンターを合わすのですがブレーキの位置が歪んてたりせずに真っ直ぐな場合は、解放したブレーキレバーを元にもどして、ブレーキを握りながら車輪を固定すると真っ直ぐの状態で固定できます。

 

 

この方法であれば難しいことはなくブレーキレーバを握りながらクイックリリースのレバーを締めるだけなのでとても簡単に車輪を取り付けることが可能です。

 

撮影のため上の写真は変な体勢で車輪を取り付けていますがやりやすい方向からやってください。

 

以上が車輪の取り外し方と車輪の取り付け方です。

 

自称メカニック
なんだ以外と簡単だ

 

そう以外と簡単なのですが「戻せなくなったらどうしようと思ってしまい」なかなか車輪を取り外すことができない人は動画を見ながら作業すれば必ず車輪は元にもどります。

 

車輪が外せるようになるとタイヤの交換も自分でできるようになりますし、色々メンテナンスの幅が広がるので是非チャレンジしてみてください。

 

まとめ

以上こちらの記事で分かりずらいと言う方は動画も一緒に見てもらうことでスムーズに作業ができるようになりますので合わせてご覧ください

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクのメンテナンス「めんどくさくない」自分で出来る基本的なこと。

ロードバイクのメンテナンスに必要な工具アーレンキーセットだけでいける説

賠償命令が9000万円?!自転車保険の必要性

ロードバイクがパンクした時にオススメなパンク修理キット4選

サビ取りクリームを使わず1000円以下の道具で自転車のサビを綺麗に取る方法

ロードバイクチェーン交換のタイミングとチェーンを洗浄するときにオススメのアイテム...