GUSTO(グスト)のカーボンロードバイクとは?2019年のおすすめモデルも紹介

GUSTO(グスト)とは?

皆さんGUSTO(グスト)と言う自転車メーカーをご存知だろうか?話題沸騰中のカーボンバイクでエントリーモデルのカーボンバイクはなんと13万円台で買えるとかなんとか…

自称メカニック

自称メカニック
どこに売っているんだそれ?

それが詳しい内容が探しても出てこないのです。

やっと辿り着いたと思ったら諸事情により取り扱い中止になっていたのである。いきなりこの画面を見ても意味不明だと思うので順を追って説明していくと、まずGUSTO(グスト)の日本での販売代理店は「株式会社アクションスポーツ」と言う情報をゲットして、アクションスポーツのホームページを見るもGUSTO(グスト)の文字が見当たらない。

そしてやっと見つけたと思ったら取り扱い中止になっていたと言う流れでございます。

アタッキ社と言うところが製造していてカーボンが得意な会社らしく元は自転車の製造は行っていなかったが2013年にアタッキバイクを設立してロードバイクの生産を行っているようです。

しかし当初は日本での流通がなく2016年頃から徐々に日本に展開していて現在は自転車販売店の「サイクルベースあさひ」でも購入が可能になっている。

※2018年11月、現在は取り扱いがなくなっています。

GUSTO(グスト)ロードバイク

そんなこんなで海外のattaquebikeのサイトを見つけはしたが僕は英語が弱い。現在は日本語サイトも用意されています。

自称メカニック

自称メカニック
これだからグローバルじゃない奴は困るよ

よって解読は困難だったが大体どんなラインナップがあるかは見ることが出来た。

※2018年11月追記

「15万円を切るカーボンバイク」として話題になりましたが、現行の2019年モデルには、15万円を切るロードバイクはラインナップされていません。

RCR Team Elite

  • 価格    188,000円
  • 重量    8.1kg
  • コンポ   シマノ105(2×11)

2018年プロチームが実戦投入しているフレームを使っているので、エントリーモデルでありながら、フレームに関しては、フラッグシップモデルと同じ使用となっています。

コンポーネントにシマノ105・ホイールにはカンパニョーロ カリマを装備したモデル。

RCR Team PRO

  • 価格    228,000円
  • 重量    8.2kg
  • コンポ   シマノアルテグラ(2×11)

ホイール以外はフラッグシップモデル(RCR Team TL)と同じ仕様をしたミドルグレードモデル。

フレーム・コンポーネントは2018年Ljubljana・GUSTO・Xaurumが実戦に使用しているRCR Team TL(フラッグシップモデル)と同じ仕様。

ホイールにカンパニョーロ カムシンを装備したレーシングモデル。

RCR Team DURO Sports

  • 価格    188,000円
  • 重量    8.1kg
  • コンポ   シマノ105(2×11)

GUSTOエントリーモデル

エントリーモデルと言っていいのだろうか?

フレームは2019年Ljubljana・Gusto・Xaurumが使用する同じフレームだ。

コンポーネント及びホイール以外はフラッグシップモデル「DURO TL」と同じ仕様。

このモデルは価格こそエントリー設定であるが決してエントリーではない。

コンポーネント:シマノ105(R-7000)

ホイール :カンパニョーロ カリマ

RCR Team DURO Sports Ultra

  • 価格    228,000円
  • 重量    7.6kg
  • コンポ   シマノ105(2×11)

USTOミドルグレードモデル

フレームは2019年Ljubljana・Gusto・Xaurumが使用する。

フラッグシップモデルと引けを取らないこのモデルはコンポーネントがシマノ105であること以外を除けば全て同じ仕様となっている。

本格的なレースを始めるあなたの為に作ったモデルであろう。

コンポーネント:シマノ105(R-7000)

ホイール :ATTAQUEカーボンホイール 45mm(チューブラー)

このモデルからは、チューブラータイヤが付いています。レースシーンではクリンチャーより、チューブラーの使用率が高く人気があります。

GUSTO(グスト)は何処で買えるのか?

ここが一番の問題で現状何処に売っているのかがイマイチ分からなかった…

自称メカニック

自称メカニック
役立たずめ

ただGUSTO(グスト)のロードバイクを取り扱っているショップは何店舗かあったのでどうしてもと言う場合は問い合わせてみても良いと思います。僕が見たところでは「ベックオン」「サイクルベースあさひ」などで取り扱いがあるような感じでした。

自転車メーカーも増え選べる選択肢もどんどん増えてきているみたいなので、これからも楽しみですね!

※追記

2017年11月現在では「サイクルベースあさひ」での取り扱いは無くなっています。その代わりアタッキ社公式ホームページから各都道府県の取り扱い店舗がリストアップされているのでそちらを参考にしてください。

自称メカニック

自称メカニック
ロードバイクのパーツの記事良く読まれています!
ロードバイク購入後に本当に必要な物 よく雑誌とかに載ってある「ロードバイク購入後に必要な物」みたいなのを一度は見たことがあると思います。大体紹...
ロードバイクのチェーン ロードバイクのチェーンは消耗品になります。一見交換があまり必要のない部品ほど交換が必要であり、これは「普段おと...
ロードバイクの室内保管ができない場合 ロードバイクに限らずスポーツバイクの保管はママチャリのように外にほったらかしにしているとすぐにサビてきて...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ロードバイクをお得に購入できる時期は◯月~◯月!

NO IMAGE

「スポーツ自転車」が欲しいと思った時に読んで欲しい記事。あなたが欲しいのはどのス...

NO IMAGE

ロードバイクとクロスバイクの違いを的確に見極めるポイント。

電動アシストロードバイク「YPJ-R」を実際に乗ってみて感じたこと

ロードバイクを海外通販で購入する際の日本語対応おすすめサイト3選

NO IMAGE

ロードバイクを楽しむために抑えたい5個のポイント!