雨の日も安心!ロードバイクに取り付けられるスマートな泥除け6選

雨の日の泥ハネを防ぐ

雨の日にロードバイクに乗るとどうなると思いますか?そうです背中に泥が跳ねます。泥除けがないんだから当然のことです素直に泥を体で受け止めましょう。

今回の記事は体を張って「泥を受け止めるぞ」と言う度量がない人のために、いわゆる

「泥除け」をつけて泥を体につけずにスマートに雨の日にロードバイクに乗れるようにしようと言う都合の良い記事です。

「実際に通勤してみて分かったロードバイクを雨の日に乗る上で気をつけたいこと」

でも気をつけたいことを紹介しましたが、まあ大体のことは泥除けがあればなんとかなります(うそです)

ロードバイクに取り付ける泥除け(固定編)

ロードバイクに取り付ける泥除け(固定編)では基本的にはロードバイクに取り付ける必要があり、そのためのステーなども取り付ける必要がある泥除けを紹介します。

ある程度しっかりと固定できるので効果を発揮しやすく強度が高いです。

Zefal(ゼファール) Swan-R スワン ロード

 

まず取り付け部分を見ていただきたい。シートポストに取り付けるだけなのですが工具不要で脱着が簡単です。さらに泥除け自体の角度も簡単に変えられて効果を発揮しやすいところで固定ができます。

見た目もスッキリしていますが、脱着が簡単なので晴れの日で別に必要ない場合は使わない日は取り外すなんて使い方もできます

値段もかなりリーズナブルで嬉しい価格設定です。工具無しでもしっかりと取り付けられて頑丈であると言う意見が多いように思います。「この値段でこれ以上のフェンダーはない」と言う方もいたので、かなり高評価です。

Ruler(ルーラー) ロードフェンダーセット

この泥除けはステーを前後のフレームの穴に固定するタイプなのでそれらしい穴が空いてないフレームのものには取り付けができません。また穴の径によっては付属のネジが使えない可能性もあるので後からネジを買い足したり少し加工する必要があります。

 

一度つけてしまえば後はステーを除いて取り外しが自由にできて細身で軽量なのがポイントです。ただしステーの取り外しは工具が必要です。

全体のレビューは高評価ですが、後から買い足す部品があったりそもそもつかないなんてレビューも結構見かけました。

ネジとナットを用意できるなら良いと言う意見もあり少し批判のレビューが目立ちました。確実につけたい方にはオススメしません。

ブリヂストン  ロードバイク用 リヤフェンダー

おそらく固定式のロードバイクフェンダーの中では一番値段が安いフェンダーです。ですが取り付けに工具が必要なので簡単に脱着ができないと言う難点があるので、正直な所ちょっと微妙です。

ロードバイクに取り付ける泥除け(簡易編)

簡易的に取り付けられる泥除けを紹介します固定編のものよりも性能は落ちますが外観を損ねなかったりコンパクトで簡単に取り付けができる所がポイントです。

アスセイバーズ リアフェンダー

 

この図のように折り曲げてサドルの所に取り付けると外観も損ねずに雨の日だけ取り付けることが可能です。またカバンに一つ入れておくと突然の雨にも対応できるので一つあると安心です。

がっつりフェンダー付けている感が出ないのでそこに対するレビューは良いのですが、泥除けとしての機能はそこそこと言ったレビューが多く、ないよりは良い程度の感じです。

DOPPELGANGER イージーマッドガードセット

フロントとリアのセットになっていてフロントの取り付けには結束バンドを使用します。

フロントは取り付けるのが面倒だったり少し工夫しないとつかないのでリアだけ使用していると言う事例もありました。

OGK ワンタッチ取り付けリアフェンダー

さっき紹介したものより素材は頑丈でしっかりとしています。ワンタッチでシートポストにはめるだけなので、コンパクトさは劣りますが性能の面で言うとこちらのほうが良いです。そして値段が安すぎる!外観を損ねたくない方にオススメです!

まとめ

あまり目立たないものやデザインが良いもの、雨の日だけ簡単に取り付けられるもあるので、泥をお尻で受け止めるのはもうやめにしませんか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ロードバイクを買う前だからこそ見て欲しいよく分かるライトの選び方

元自転車屋さんが教える!おすすめなロードバイクの鍵6選と対処法

NO IMAGE

ロードバイクのタイヤ交換時タイヤサイズは何Cから何Cまで変更可能なのか?

ロードバイクのハブダイナモについてかかる費用と効果を考えてみる

ロードバイクコンポーネント「CLARIS(クラリス)」の価格や性能について

NO IMAGE

ドロップハンドルの説明書。材質や形状などによる違いをより分かりやすく