5万円以下のロードバイクDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)とは?

はじめに

普通のママチャリに乗ってれば自転車に5万出すのは

馬鹿げてると思うかもしれませんが、ロードバイクロードレーサーを

手に入れると

なると5万円は安い方の部類に入ります。

 

まず普通の自転車の重量が大体20kgなのに対してロードバイクは

半分の10kg前後(一般的に値段が上がるほど軽くなります)です。

 

フレームから何から何まで全てママチャリとは違うものになるので

値段もその分高くなるんですね。

 

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

 

このブランドはネット販売を主にした自転車ブランドです。

何かと問題はあったようですが、詳しくはご自身で調べてみてください。

 

まずなんといっても値段が安いのがメリットです

ネット購入のデメリット

  • 実物に乗って決めることができない

ロードバイクはフレームサイズの選びかたを間違えてしまうと

乗りごごちにもろに影響してきます。

きちんと調べてから買うことをお勧めします。

 

  • 自分で自転車を組まないといけない

おそらくハンドルをはめる。前輪をはめる。程度の組み立てだろうと

思いますが(販売先による)自転車の知識が全くなく、簡単な

組み立てすら出来ない。となるとおそらく買わない方がいいです。

 

  • 整備、調整がされてない

ブレーキの調整だったりディレイラーの調整がしっかりとされてない

場合が多いです。メンテナンスの知識が全くないと調整が

出来ないので、そこも厳しいところですね。

 

購入をいい機会としてメンテナンスの知識を勉強されるのも

いいかと思います。

 

最終手段としては近所の自転車屋さんに、送られてきた自転車の

入ったダンボールをそのまま持って行くと、組み立てから

調整まで4000~6000円くらいでしてもらえると思います。

その際に防犯登録も、してしまいましょう。

 

メリットとデメリットのまとめ

メリット

  • なんといっても安い
  • ラインナップが豊富

デメリット

  • 実物に乗って決めれない
  • 自分で組み立て、調整をしないといけない

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

TOPEAK(トピーク)のライドケースが普通にかっこいいのでオススメ。

NO IMAGE

ロードバイクのネット購入は悪みたいな固定概念はもう取っ払ってしまおう!

NO IMAGE

ロードバイクを楽しむために抑えたい5個のポイント!

NO IMAGE

ロードバイクのフレーム素材と価格の親密な関係性

ロードバイクを室内保管できない場合のおすすめサイクルカバー4個と必要性

NO IMAGE

ロードバイクをお得に購入できる時期は◯月~◯月!