5万円以下のロードバイクDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)とは?

はじめに

普通のママチャリに乗ってれば自転車に5万出すのは

馬鹿げてると思うかもしれませんが、ロードバイクロードレーサーを

手に入れると

なると5万円は安い方の部類に入ります。

 

まず普通の自転車の重量が大体20kgなのに対してロードバイクは

半分の10kg前後(一般的に値段が上がるほど軽くなります)です。

 

フレームから何から何まで全てママチャリとは違うものになるので

値段もその分高くなるんですね。

 

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

 

このブランドはネット販売を主にした自転車ブランドです。

何かと問題はあったようですが、詳しくはご自身で調べてみてください。

 

まずなんといっても値段が安いのがメリットです

ネット購入のデメリット

  • 実物に乗って決めることができない

ロードバイクはフレームサイズの選びかたを間違えてしまうと

乗りごごちにもろに影響してきます。

きちんと調べてから買うことをお勧めします。

 

  • 自分で自転車を組まないといけない

おそらくハンドルをはめる。前輪をはめる。程度の組み立てだろうと

思いますが(販売先による)自転車の知識が全くなく、簡単な

組み立てすら出来ない。となるとおそらく買わない方がいいです。

 

  • 整備、調整がされてない

ブレーキの調整だったりディレイラーの調整がしっかりとされてない

場合が多いです。メンテナンスの知識が全くないと調整が

出来ないので、そこも厳しいところですね。

 

購入をいい機会としてメンテナンスの知識を勉強されるのも

いいかと思います。

 

最終手段としては近所の自転車屋さんに、送られてきた自転車の

入ったダンボールをそのまま持って行くと、組み立てから

調整まで4000~6000円くらいでしてもらえると思います。

その際に防犯登録も、してしまいましょう。

 

メリットとデメリットのまとめ

メリット

  • なんといっても安い
  • ラインナップが豊富

デメリット

  • 実物に乗って決めれない
  • 自分で組み立て、調整をしないといけない

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

街乗りでロードバイクをおしゃれに乗りたいならこのメーカー!厳選◯個

TOTEMのロードバイクを購入検討されている方に見て欲しい。【調査報告書】

ロードバイクで車道を走る時の心構えは、「かもしれない」運転

その駐輪場所は大丈夫?ロードバイクの盗難危険度測定アプリ【自転車特捜】

サイクルコンピューターにお別れを告げた理由。~僕とサイコンの半年間~

街乗りに向いているロードバイクの特徴と2018年モデルでオススメの車種3選