DEEPER(ディーパー)激安ロードバイクの評判と性能についてまとめ

DEEPER(ディーパー)700c ロードバイク

皆さんご存知だったでしょうか?また新たな激安ロードバイクが発売されていた事を。値段は2万円を切る19800円で楽天の自転車ランキングで上位、Amazonでも高評価と、飛ぶ鳥を落とす勢いで認知度を広げていっています。

自称メカニック
なんかこんなやつ前にも見たぞ
グランディールって? 株式会社オオトモが製作するロードバイクです。 クラシックブランドである「Grandir」から2サイズの...

僕も何か見覚えがあるような気がした。似ているっちゃ似ている、と言うより同じだ。ただそんな事を言い出せば、ロードバイクも見る人からすればみんな同じに見えるはず。

極端な話このロードバイクも、10万円するロードバイクも20万円するロードバイクも興味のない人からすれば全て同じ「ロードバイク」と言う分類にカテゴライズされてしまうのが悲しいところでもある。

DEEPER(ディーパー)700c ロードバイクの性能

良いか、悪いか結果から言うと「良くはない」

頭ごなしにこれは安いから悪いものだと言う気はないけど、ロードバイクとして見るには正直最低ラインにも立っていないのが事実です。

自称メカニック
では性能を1つずつ見ていきましょう

基本スペック

フレームは480のワンサイズのみで重量は14kgと他の激安系と比べてもやや重いかなと言う印象。素材はフレームはスチールで、リムがアルミになっていますがこれも特にこれと言って何かあるわけではない。

ちなみにフレームのスチールと言うのは基本的にママチャリと同じ素材で、リムに関してはアルミリムでも性能の良いロードバイク用のリムもあります。

しかしママチャリでも大抵はアルミリムなので、このロードバイクに使用されているのはどちらかと言うと後者寄りの物の形が大幅に変わって、使用されているような感じです。

安心のシマノパーツ

自称メカニック
君達安心するのはまだ早いぞ

リアスプロケットには最新のテクノロジー、斬新な アイデア、そしてプロライダーからのフィードバックにより生み出されたSHIMANO製パーツを採用しております。

確かにシマノのパーツ精度が高く評価が高い。がしかしこのグレードのパーツに最新のテクノロジー、斬新なアイディアが詰まっているとは考え難い。そもそもこれらのパーツはロードバイク用でもない。

自称メカニック
ロードバイク用ではない?!
自称メカニック
じゃあ一体この自転車は何なんだ?

こう言うと解りやすいかと思いますが、用は全てにおいて「ママチャリと同じパーツ」が付いています。

DEEPER(ディーパー)700c ロードバイク レビュー

DEEPERを購入した人は実際どのような意見があるのでしょうか?詳しくみていきましょう。

購入者の声は?

初めてのスポーツバイクやママチャリからの乗り換えの方が多く、概ね高評価になっています。「ロードバイクとしてどう」ではなく、自転車としてママチャリからの乗り換えなら良いかなと言う感じです。

後でパーツを買い足しながら楽しむと書いてはいますが、ここが落とし穴で、後でパーツを交換しようにも、合うパーツを見つけるのが大変なのと、あったとしても車体の金額がそこまで高くないので交換パーツのほうが高くつきます。自分で出来ないのなら尚更です。

まとめ

レビューではどれも高評価だけど本当にオススメはしない。ただ2~3万円するママチャリを購入する予定とかであれば試しに買ってみても良いとは思います。

しかしこれから「趣味で始めるんです」とか「ロングライドします」とかの方は、はっきり言います

自称メカニック
YOUやめときな

 この記事へのコメント

  1. 武井 綺飛 より:

    Deeperのクロス ロードバイクの前輪のみの販売は可能でしょうか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

GIANTのロードバイクを価格別で選ぶならこの車種!【2017年版】

NO IMAGE

ロードバイクとクロスバイクの違いを的確に見極めるポイント。

街乗りに向いているロードバイクの特徴と2019年モデルでオススメの車種3選

NO IMAGE

2018年モデルロードバイク各メーカーのラインナップと注目ポイント!

NO IMAGE

実際に通勤してみて分かったロードバイクを雨の日に乗る上で気をつけたいこと

AXMAN(アックスマン)ロードバイクの性能や価格、どう言ったメーカーなのか?