キャノンデールからロードバイク「CAAD12」2018年モデルを発売!気になる価格と性能は?

キャノンデール CAAD12 2018年モデル

キャノンデールからも2018年モデルのロードバイクが先行販売されました。アルミフレームの神と称されたロードバイク「CAAD12 ティアグラ」のモデルで、アルミフレームでありながら多くのカーボンバイクよりも軽量でキャノンデールの人気シリーズです。

自称メカニック
神?神なのですか?

 

キャノンデール CAAD12 2018年モデルの価格

2017年のモデルはグレードが「105」「105 DISC」「アルテグラ」の3つのラインナップだったのですが、今回先行販売された2018年モデルのCAAD12は「ティアグラ」なので変速スピードはリア10速の合計20速になりますが、価格は¥150000と比較的お求めやすくなっています。

 

パーツもクランクとチェーン以外はティアグラで統一されていて性能の面も安心です。物足りなさを感じた時もフレームは上位モデルと同じ「 CAAD12」なのでアップグレードもしやすいのがポイントです。これからロードバイクを始める方にはオススメですが、2018年のすべてのラインナップが揃うまで待つのも一つの策ではないかと思います。

 

自称メカニック
リムブレーキバージョン、ディスクバージョンともに1,100g以下という軽さを備えたCAAD12は、他社の高級カーボンフレームをアスファルトの塵にするでしょう。

アスファルトの塵!?何言い出すんだ急に

 

2017年モデルの公式サイトに載っていたのですがかなり攻撃的です。よほどの自信がない限り「アスファルトの塵」なんて言葉公式サイトに載せられませんよ。

 

キャノンデール CAAD12 2018年モデルのカラー

カラーも鮮やかなグリーンでとてもキャノンデールらしい色です。今のところカラーバリエーションはグリーンのみですが今後どんなカラーが出るか気になりますね。

2018 CAAD12 ULTEGRAも登場

¥260000

シマノのコンポアルテグラを使用したことによってより軽量により剛性が高くレーシーなバイクに仕上がっており、カラーはブラックのみのラインナップになっています。

キャノンデール2018年モデルのロードバイクが見れるフェスが開催※終了しています

 

キャノンデール2018年モデルのフルラインナップが見られるフェスその名も「BIG WEEK2018」が開催されます。ロードバイクだけでなくMTBやクロスバイクなども全てのラインナップの全てのカラーが見られて、そして試乗もできたりするかなり大規模なフェスです。

自称メカニック
開催日は2017年8月5日(土)です

 

ロゴにも富士山のマークが描かれていますが場所はどこですか?

自称メカニック
山梨県富士吉田市新西原5-6-1だから大阪からだと車で5時間ちょっとだな

まあ距離は一旦置いとこう。試乗には事前登録が必要なので忘れないように!

 

 

 

自称メカニック
ロードバイクパーツ,アクセサリーの記事良く読まれてます!
ロードバイクのヘルメット 確かにヘルメットをかぶるのは少し抵抗があるかもしれませんし「自転車にヘルメットなんて」と思うかもしれません。しかも法...
ロードバイクの室内保管ができない場合 ロードバイクに限らずスポーツバイクの保管はママチャリのように外にほったらかしにしているとすぐにサビてきて...
ロードバイクは空気をこまめに入れないとダメだって聞いたけど、どれくらいの頻度で入れれば良いんだろう?そのそも自分で入れられるのかな?と思っている...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その駐輪場所は大丈夫?ロードバイクの盗難危険度測定アプリ【自転車特捜】

ロードバイクをお得に購入できる時期は◯月~◯月!

街乗りでロードバイクをおしゃれに乗りたいならこのメーカー!厳選◯個

ロードバイク購入前に必ず見て欲しい盗難の恐怖の話

ロードバイク、GIANT(ジャイアント)がなぜユーザーに選ばれるのか?

Amazonで購入できるエントリーモデルのオススメロードバイクまとめ。