元自転車屋さんが教える本当に正しいロードバイクの選び方!ネットはダメ?チェーン店は?

ロードバイクの価格は言うまでもなく高価です。ロードバイクを購入するのを諦めれば55インチの液晶テレビを余裕で、購入することが出来ます。

「ロードバイク選びは絶対失敗したくない」と思うのは、多くの人が同じ感情を抱きますが、失敗しないためには、いくつかポイントが存在します。今回の記事では、正しいロードバイクの選び方を説明していきますので、これからロードバイクを始めようと思っている方は是非参考にしてください。

ロードバイク選びで大事なポイント

ロードバイク選びで主に大事なポイントを項目別で、詳しく説明していきます。これを抑えていれば、失敗せずにロードバイクを購入することが出来ます。

ロードバイクのサイズについて

ロードバイクには、同じ車種でも様々なサイズがラインナップされています。このロードバイクのサイズやフレームの寸法をジオメトリーと言うのです。


(引用)GIANT

このジオメトリーを元に自分の身体にあった、ロードバイクサイズを導き出します。プロショップ(スポーツバイクだけを取り扱っている店)では、股下の長さ、腕の長さを測ってそれを元に、その人にあったロードバイクのサイズを導き出すことが、出来る店があります。

このフィッティングは、その店で自転車を買えば無料でやってくれることもありますが、やってくれない事もあります。あなたが知っているような大きな店でもです。実際にエントリーグレードを、プロショップで購入する場合でも店によっては、跨って決めるだけのところも全然あります。

さらに言うと、自転車チェーン店や量販店では、身体を計測するなんてことはしません。どうやって選ぶかと言うと、上の画像に適正身長と言う欄があると思います。店員さんが客さんに身長を聞いて、カタログを見ながらサイズを導き出すのです。それ以上のこともなければ、それ以下のこともありません。なので自分で選ぶのと大差ないのです。

自称メカニック

自称メカニック
そんな事実があったなんて…

上の例を見ると、4サイズしかない訳ですから、正直身長が分かれば、誰でもサイズを選ぶことが出来ます。例えば身長が170cmであれば「535」のサイズ以外は当てはまるので、どれも正解です。

完成車であれば、パーツは決まっています。その人に合わせてステム長や、クランク長を選ぶこともありません。

結論を言うと「どれだけこだわるか」そして使い方によって、選び方が変わります。

レース・イベント参加が目的→プロショップでフィッティング
・バラ完(フレームから選んでパーツも好きなものを組み合わせる)→プロショップでフィッティング

この2つの場合はしっかりフィッティングをおすすめします。バラ完に関しても、パーツの多さやしっかりプロの方の意見を聞けるので、しっかりフィッティングの方が良いでしょう。

それ以外で、趣味やこれから始めようと思っている方は、適正身長をしっかり見てください。心配な場合は、現物を探して実際に乗ると確実です。

ロードバイクの失敗しない購入場所について

・専門店(プロショップ)での購入
・量販店、チェーン店での購入
・ネットでの購入

ロードバイクを購入することが出来る場所は、大きく分けてこの3つがあります。プロショップでの購入が推奨されることが多いですが、実際はどうなのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを説明していきます。

専門店・プロショプのメリットとデメリット

【メリット】

  • 専門性が高い
  • オーダーなど柔軟に対応が可能
  • イベントや走行会を定期的に開催している
  • 試乗車が用意されている

【デメリット】

  • 店舗がある場所が限られている
  • 価格が高い
  • 敷居が高く少し入りずらい
  • 割引があまりない

専門店にも、個人で営業しているような店と、「ワイズロード/Y’sRoad」のようなチェーン店型のものがあります。どちらも総じて言えるのは、働いているスタッフは実業団に所属していたり、レースをしている人が多いので、スタッフの方もロードバイクに関する知識が豊富です。

しっかりとアドバイスを受けたり、相談したい方にはおすすめです。しかしスタッフも当然人間なので、愛想の良い人もいれば、愛想の悪い人もいます。

細かくアドバイスをしてくれる人もいれば、聞かれたことにしか答えないと言う人もいるのです。そのあたりは、個人的な感覚によるものや、性格の一致などもあると思いますので、根気よく探して見てください。

価格の面で言うとハイグレードなものを置いてあるので、当然と言えば当然ですが、全体的に高く見えます。

そして近くに店がない場合が多いです。専門店は都心に多くあり、少し離れると全くなかったりします。少し調子が悪くなった場合や、見てもらいたいとなった時に20Km近く離れていると、行くのが大変です。

量販店、チェーン店のメリットとデメリット

【メリット】

  • 家の近くにあることが多い
  • 入りやすい
  • 工賃が安い

【デメリット】

  • 専門性に欠ける
  • エントリーモデルしか展示されていない

チェーン店や量販店と言うのは、全国的に展開しているサイクルベースあさひやイオンバイクなどが例に挙げられます。最大のメリットは家から近くにあることが多いと言うことです。修理もすぐに持っていけるし、最近では引き取りや、出張修理なども存在します。初心者の人にとって一番大事なのは、この店の近さではないかと思っています。

ただし専門的な知識や技術があるスタッフは、1店舗に1人。もしくは全くいない場合もあります。チェーン店や量販店はどちらかと言うと、一般自転車や電動自転車の方が詳しいです。

展示されているロードバイクは、8万円~15万円の価格帯のものが多く、20万円を超えるようなロードバイクは売れないので、展示されていません。

整備やセッティングに関してのチェック項目は、ママチャリと一緒なので

  • ハンドルが締まっているか
  • サドルが締まっているか
  • 変速は引っかかりなく変わるか

など基本的に、安全に乗れるかを確認しています。ポジションや細かなセッティングは期待しないようにしましょう。

ネット購入のメリットとデメリット

【メリット】

  • 価格が安い
  • 店員さんとのやりとりがない
  • ラインナップが多く全てを見ることが出来る

【デメリット】

  • 試乗ができない
  • 直接アドバイスを受けることが出来ない

ネット購入の最大のメリットは、価格が安いことです。実際の店舗(専門店もチェーン店も)の価格とは正直比べ物になりません。また店員さんとのやり取りがないことは、デメリットにもなり得ますが、メリットにもなります。基本的に古いモデルであったりすることが多いですが、気にしない人であれば、フルで恩恵を受けることが出来ます。

デメリットは実際に乗れないことです。サイズがわからないと言う場合や、当然アドバイスを受けたい人も多いと思います。

しかしインターネットで購入する場合でも、CANYONのようにサイズ診断があったり、海外通販であるwiggleでは返品保証があったりします。これだけインターネットが普及すると、それらはもうデメリットではなくなってくる日も、近いのではないかと思います。

追記待ち….

以上購入場所とサイズについてを記載しましたが、他の項目は追記していきたいと思います!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今人気のロードバイク女子!その流行の背景を調べて見ました

ルイガノロードバイクの評判は?2017年モデルロードバイクの紹介

ロードバイクに乗って変わった4つのこと。~ロードバイクがある生活~

ロードバイク保管のススメ!いつまでも美しきロードバイクを

ロードバイクを街乗りに使ってみて感じた意外なこと。

車からロードバイクに乗り換えるメリットを考える