ビアンキの思わず目を引くオシャレなクロスバイク【2017年モデル】

Bianchi(ビアンキ)

 

イタリアの有名な自転車ブランドで現在はロードバイクは

もちろんクロスバイクやMTBミニベロまで幅広く展開しています。

街乗りのスポーツバイクとしても人気が高く

デザインやカラーリングにもこだわりが見えます。

 

街乗りでオシャレにスポーツバイクに乗りたい方に

オススメのクロスバイクをピックアップしていきたいと思います。

 

ROMAシリーズ

 

代表的なビアンキのクロスバイクと言えば

「ROMA(ローマ)」シリーズと

「CAMALEONTE (カメレオンテ)」シリーズになります。

 

ROMA 4

 

¥70000(税別)

 

ローマシリーズの中では一番低価格なROMA 4ですが

見た目的な店でカラーバリエーションが個性的で

どれもオシャレなクロスバイクになります。

 

中でもマットブラックや

 

マットダークグレーなんかは全体的な引き締まった印象で

特に男性の方が似合いそうなカラーになっています。

タイヤのチェレステカラーのロゴも目立ち過ぎずいい感じです。

 

ポイント

  • 変速8速
  • 重量10.59
  • カラーは5色

 

ROMA 3

 

ROMA 3   ¥80000

 

先ほどのROMA 3の一つ上のグレードで見た目的には大きな差は

ありませんが色展開そして性能面が少し変わってきます。

 

変速数は同じ8速ですがフロントディレイラー、リヤディレイラー

シフターがロードバイク用コンポのShimano Clarisに

なっています。

 

カラーは冒頭画像のネイビーが追加されてマットアイスメロンと

言う変わった色も追加されています。

 

 

ポイント

  • メインコンポはShimano Claris
  • 変速8速
  • 重量10.39kg
  • カラーは5色

 

ROMA 2

 

¥92,000 (税抜)

 

ROMA 4と比べるとだいぶ値段は上がりますが

 

シフターからクランクセットまで全てシマノ ソラで統一されています。

 

そして個人的にはマットチェレステやライトミントなど、

ROMA 2のカラーバリエーションが一番好きです

 

↑ マットチェレステ

 

↑ ライトミント

 

ポイント

  • メインコンポがShimano Sora
  • 変速9速
  • 重量10.21kg
  • カラーバリエーションは4色展開

 

ROMAまとめ

 

正直ROMA 2でも税込み価格で言うと10万円を超える

かなりかつかつのラインです。あくまで今回の題は「街乗り」

になるのでROMAシリーズのもう一つ上のグレードもありますが

税別の値段が10万円を超えてしまうため今回は紹介を控えます。

 

重量や変速の点で見ても街乗りでそこまで性能に大きな

差が出るとは思えないので一番値段が安いROMA 4で十分だと思います。

 

カラーが各グレードによって違うのでカラーメインの選び方をすると

購入金額が高くなる可能性があるので注意!

 

 

 

¥67,000 (税抜)

 

個人的にデザインはCAMALEONTEシリーズの方が好きです

値段もROMA 4と比べると3000円ほど安くなります。

 

色もマットブラックやライトブルーもあります

 

 

  • 変速8速
  • 重量11.02kg
  • カラーバリエーションは5色展開

 

¥80,000(税抜)

 

  • メインコンポがShimano Altus
  • 変速9速
  • 重量10.6kg
  • カラーバリエーションは5色展開

 

¥92,000 (税抜)

 

  • メインコンポがShimano  Acera
  • 変速9速
  • 重量11.28kg
  • カラーバリエーションは4色展開

 

 

まず二つのモデルの一番下の価格帯のクロスバイクを

見てみましょう。ROMA 4とCAMALEONTE 3です。

 

この二つに関しては値段がややCAMALEONTE 3の方が

安く重量もそこまで大きな違いはないのですが

CAMALEONTE 3のフロントフォークはスチールになるので

重量はややROMA 4が有利です。

後はデザインの問題になってきます。

 

そこから先のグレードはどう言った走り方をされたいかで

選ぶのもありですね、例えばロードバイクよりの走りを求めるなら

ROMAシリーズ、マウンテンバイクのような走破性と

確かな制動力(ディスクブレーキ)を求めるならCAMALEONTEシリーズ

と言った具合に選ぶと良いです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

クロスバイク選びで注目したい3つのポイント!

NO IMAGE

ロードバイクとクロスバイクの違いを的確に見極めるポイント。

電動クロスバイクYPJ-Cはものすごい可能性を秘めたクロスバイクかもしれない

クロスバイク選びで必ずGIOS(ジオス)ミストラルを経由する理由を調べてみた。

元自転車屋さんから見てよく売れていた人気のクロスバイクTOP3はコレだ!

NO IMAGE

GIANT(ジャイアント)エスケープR3を始めとするエスケープシリーズの解説【2...