ロードバイクに合うスタイリッシュなベルまとめ。ベルを脇役扱いしてませんか?

ロードバイクのベル

そもそもロードバイクにベルは必要であるのか?「ベル」は昔ながらのフォルムを維持し進化していないように思えますなんと期間にして130年ベルのフォルムは変化していません。

それはなぜか?ベルに必要性を見出す人があまりいなかったからそのままのフォルムを維持し続けたのではないでしょうか?

 

維持し続けたと言うよりも進化できなかった。のニュアンスの方が正しいかもしれません。

 

現在僕自信もベルを軽視してました。ロードバイクはハンドル周りにつけられるものの数が決まっています。その数少ないスペースの一つをベルで埋めてしまうのはどうも私にはできませんでした。

 

そんな僕でもつけたいと思える。スペースを一つ与えたいと思えるベルを紹介したいと思います。とその前にamazonの自転車ベルランキングから何種類か紹介したいと思います

 

amazonの自転車ベルランキングから

キャットアイ ベル

 

キャットアイ(CAT EYE) ベル [OH-2400] 真鍮製 ブラック

 

一位はキャットアイのベル一般的なベルより全体的にスモールになっていて留め具がネジ式ではないのが良いですね。

 

スリムスポーツベル

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) ベル HOB06200 ブラック

 

後はこんなスリムなベルもあります。これなら場所もそんなに取らずに

コンパクトに収まりますよね。

 

アンパンマン ベル

 

後はこう言ったアンパンマンのベルが人気みたいです。少し場所をとりますが顔を押すだけでベルが鳴ると言った今までにはない逆に新しい発想のベルですね。

 

しかし僕が言いたいのはこう言うベルではないんです。あの丸みを帯びた金属の部分あのデザインをなんとか取り払っていただきたい。

 

あれがあることによってベルは一向に前へは進めない気がしてなりません。

 

knog(ノグ)のスタイリッシュなベル

 

 

そう僕が求めていたフォルムはこの形状です。

なんと言うか形が未来的と言いますか、ベルには決まって付いている

あのドーム型の金具がないんです。

 

「“つまらないもの”を見つける作業からデザインが始まりました。ベルは自転車のパーツのなかで130年間形が変わっていません。私たちはアンボーリング(退屈ではない)をコンセプトに、全く新しいベルをデザインしました」

 

その名も「oi(オイ)」なんとも大胆なネーミングです。

 

 

とてもベルだとは思えないこのスタイリッシュさ10月の下旬から日本でも販売が開始される予定で価格は2300円と現実的な価格になっています。

 

これが5000円とかだと「ちょっと…」となりますが2300円だと「あ、欲しい」となる金額ですね。ベルの形状はこれからこの形がスタンダードになると嬉しいですね。

 

※追記

 

Knog(ノグ)のベルがアマゾンでも購入できるようになっています。

自称メカニック
2500円か〜

価格は2500円程とベルにしてはそこそこの価格ですがまだ諦めるのは早いですよ。

 

なんとノーブランドの似たようなベルが399円です。まあいずれこうなるとは思っていました。

自称メカニック
ちょっとポチッとしてくる

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクに乗るときにオススメな【GIRO(ジロ)】のヘルメット5個

ロードバイクを壁掛けで保管するときにオススメなアイテム4選+α

カッコよくてオススメなロードバイクのバーテープ5個

ロードバイクで50km以上走る人向けのオススメのサドルバッグ5選

ロードバイクの空気入れの選び方とオススメポンプ4選

ロードバイクに乗るときのサングラスの必要性!なぜサングラスがいるの?