カッコよくてオススメなロードバイクのバーテープ5個

ロードバイクのバーテープ

ロードバイクのバーテープはロードバイクを運転する上で手で握る部分になるので、一見ただのテープですがとても重要になります。それに使用していけば破れたりすることもあり交換が必要なパーツでもあるので定期的にチェックしておくとライド中のトラブルも防ぐことができます。

 

使用する上で握り心地やバーテープの厚みなど好みがあると思うので違うバーテープを何種類か試して使用してみると好みのバーテープにいつか巡り会えるはずです!

 

Fizik(フィジーク) Bar Tape (パフォーマンス)

言わずとしれたフィジークのバーテープです。イタリアのメーカーで主にサドルやバーテープなどのパーツ、アクセサリーを販売しています。多くのプロチームがフィジークの商品を使用していて完成車のロードバイクにも多く使用されているなどかなり有名なメーカーです。

 

バーテープ自体は3mmと厚めなので分厚いバーテープが好きな人にオススメです!

 

EMPT(イーエムピーティー) EVA ロード用 バーテープ

1000円を切る価格となんといってもカラーバリエーションが豊富で自転車のカラーに合わせて好きなカラーが必ず見つかるといっても過言ではないくらい多いです。

単色から迷彩柄までたくさんあります。

 

レビューも巻きやすいと言うレビューがかなり多かったです!

 

ENGG 通気 撥水 PU製レザー 滑り止めバーテープ

ロードバイクのタイプによってはこう言ったレザーっぽいバーテープが合うことも多いです。クッション性には欠けますが滑りにくい素材です。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ

カラーはブラックとホワイトの2色展開で厚みは1mm厚でクッション性はあまりありませんが汚れが目立ちにくいと言うレビューが多かったです。白いバーテープは基本的にすぐ汚れがついて黒くなってしまいますが、このバーテープであればホワイトでも少し長く使用ができます。

ディズナ ロードバーテープ ブラウン

クロモリのロードバイクやクラシックテイストなロードバイクにはこれが合います。クッション性は高いですが、厚く巻きすぎると処理が大変なので注意が必要です。

 

まとめ

大体価格は1000円台もしくは1000円を下回るものも多くあるので、いろいろ試してみてください。バーテープのカラーでロードバイクの印象もガラッと変わるので、イメージチェンジしたい方にも比較的低コストで変えられるのでオススメです!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アクションカムの自転車用マウント【SONY純正品】を使用してみた感じたこと。

ロードバイクを室内保管するなら縦置きスタンドが部屋スペースを救う!

ロードバイクを買う前だからこそ見て欲しいよく分かるライトの選び方

ロードバイクに合うスタイリッシュなベルまとめ。ベルを脇役扱いしてませんか?

ロードバイクで50km以上走る人向けのオススメのサドルバッグ5選

ビアンキのバッグはオシャレだけど多分自転車とは関係ない件