ロードバイクで50km以上走る人向けのオススメのサドルバッグ5選

ロードバイクサドルバッグの必要性

ロードバイクで長距離を走る場合荷物はなるべく少ない状態で走るのがベストです。これが5km~20kmくらいだとか、通勤や街乗りで使用するとかであればリュックやメッセンジャーバッグの方が荷物も入るしそれでも良いと思うのですが、50km~100km越えライドの場合はまた変わってきます。

このくらいの距離になって「走るのがメイン」となると背負ってるのがしんどいので、ない方が良い、つまり体には何もヘルメットやサングラス以外はつけない方が良いのである。

自称メカニック
もちろんウェアも着てね

体に何もつけない、持たないということは必然的にロードバイク本体にバッグを取り付ける方向になる。フレームバッグは大きすぎるから結果サドルバッグが一番ベストという結論に至るのであります。

TOPEAK(トピーク) エアロ ウェッジ パック

トピークのベーシックなサドルバッグMサイズです。大きすぎず小さすぎない丁度良いサイズ感で、予備チューブやパンク修理キットなども問題なく収納できます。固定もしっかりできてサドル下に収まるサイズ感ながらしっかりと荷物も入れられる安定の商品です。

BV(ビーブイ)自転車用ストラップ式サドルバッグ

トピークのものより少し価格は低めですが、作りもしっかりしていてMサイズLサイズには拡張機能も付いていて容量が大きくなりますしテールライトを引っ掛けるためのスペースも確保されています。こちらも高評価レビューが多かったです!

MOREZONE サドルバッグ

サドルバッグ自体が布製ではないので、泥や水など防水性に優れていて簡単に脱着ができるクイックリリースが付いているのでそこがポイントです。

「少し容量が小さい」「マジックテープが安っぽい」などの意見はありますが、それ以外は高評価です。

OSTRICH(オーストリッチ) サドルバッグ

上記紹介したものに比べると少し容量は大きくなりますが、見た目としてもすっきりと収まるのでバッグの大きさは問題ありません。少し大きめのサドルバッグが欲しい方や、荷物を多く入れたい方にオススメです。

モンベル mont-bell UL.サドルバッグ

言わずとしれたアウトドアメーカーモンベルからもサドルバッグが発売されています。カラーバリエーションも多いので車体の色に合わせてサドルバッグを購入することができます。

まとめ

以上ロングライドで活躍するスポーツバイクに取り付けるサドルバッグの紹介でした!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ロードバイクに乗る時に街乗りでも気にならないかっこいいヘルメット5選

ロードバイクの空気入れの選び方とオススメポンプ4選

ロードバイクを買う前だからこそ見て欲しいよく分かるライトの選び方

NO IMAGE

【Wiggle】GIRO(ジロ)のビンディングシューズが最大40%OFFしかも送...

NO IMAGE

カッコよくてオススメなロードバイクのバーテープ5個

NO IMAGE

アクションカムの自転車用マウント【SONY純正品】を使用してみた感じたこと。