実際に通勤してみて分かったロードバイクを雨の日に乗る上で気をつけたいこと

雨の日のロードバイク

雨の日にロードバイクは乗るべきではないのではないかと思います。ですが人にはそれでもロードバイクに乗らないといけない時が存在します。「乗らない」選択肢があるならもちろんそちらを選ぶべきです。

雨の日に乗れない事はありませんが雨の日に乗る上で気をつけたい事をまとめて紹介します。

シンプルにタイヤが滑る

雨の日は普通に滑ります。なのでいつもなら車体、体を傾けてコーナリングできる道も「あ、これ倒しすぎるとやばいな」と言うのが感覚で分かります。

滑ってこけるなんてしたら「滑ってこける人」と言うあだ名をつけられて、もうその通勤の道は使えなくなってしまいます。何より車体が壊れてしまう可能性があるのでこけてはならないのです。

汚れるそしてブレーキシューが減る

雨の日は砂をよく巻き上げます。この「砂を巻き上げる」事は他のいろんなところにも影響してくるのですが、砂を巻き上げてブレーキシューに付着して削れるパターンとシンプルに濡れているから減っていくパターンとのダブルできます。

当然ブレーキが減ると言う事は、その減ったブレーキダストはどこに付着すると思いますか?そうですフレームに付着します。雨で濡れているからなおさらです。それだけではなく雨の日に乗るとまるで精神と時の部屋のごとく一瞬でいたるところが汚れます。

少し背中に泥が飛んでくる

言うまでもなく、少しぐらいは背中に飛んできます。レインウェアに飛ぶのなら全然許容範囲内ですが、カバン(バックパック)は要注意です。

こればっかりはいくら僕でもちょっと冴えない気持ちになります。なので汚れても良いやつ、もしくはメッセッンジャーバックの方がかかりにくいです。

▼関連記事▼
雨の日も安心!ロードバイクに取り付けられるスマートな泥除け6選

雨の日に乗るのは気持ちがしんどい

これはメンタル面の問題ですが、やっぱり何か気持ちしんどいです。例えば遊園地に行く時に雨だとテンションが下がると思うんです普通の感覚なら。そんな感じです。

休むことなく飛んでくる顔面への雨と、夏ならじとじと感、冬なら雨による寒さに耐えなければなりません。冒頭でも説明しましたが乗らない選択肢があるならいいのですが、通勤にロードバイクを使っていて「通勤手段がそれしかない」になるとこれらの問題をいかに解決するかがカギになります。

例えば泥除けをつけたり、快適なレインウェアを見つけたりして雨の日を乗り切りましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

NO IMAGE

ルイガノロードバイクの評判は?2017年モデルロードバイクの紹介

激安ロードバイクを通販で買おうとしている人が気をつけたいポイント

NO IMAGE

サイクルコンピューターにお別れを告げた理由。~僕とサイコンの半年間~

NO IMAGE

ロードバイクを購入する際の店舗はやっぱり家から近い方がいいと思う

NO IMAGE

ロードバイクは仕様目的から車種を決める!4つのチェック項目

NO IMAGE

ロードバイクのフレーム素材と価格の親密な関係性