ロードバイク入門にぴったりなアルミフレームのロードバイク3選

ロードバイクをはじめるなら

これからロードバイクを始めたいけど正直20万円は用意するのが厳しい、ただ妥協はできないと言う方にオススメなのが「アルミフレーム」のロードバイクです。

エントリーグレードのロードバイクに使用されることが多いアルミフレーム。初めてのロードバイク選びには価格も性能もぴったりです。

自称メカニック
予算15万円前後で紹介していきます!

ロードバイクアルミフレームの特徴

自称メカニック
まずアルミフレームとは何であるか?アルミフレームの歴史は?さらにはアルミニウムの種類まで!説明したいと思います

すみませんそこまで詳しくは説明しませんが、アルミフレームの良いところは

  • 比較的価格が安価である
  • 軽い

大きなところを占めるのが価格ではないのかと思います。フレーム単体でいくと間違いなくカーボンの方が軽くなり、何百gかの違いで価格は数万円の差があります。

一般的には「アルミフレームよりカーボンフレームの方が良い」とされていますが、一概にそうではないのかもしれません。

趣味で使用する+これからロードバイクを始める方はアルミフレームでも必ず楽しめると思います。

Specialized ALLEZ SPORT

  • 価格:                  ¥117720
  • 重量:                  kg
  • 変速:                  18速(ソラ)
  • タイヤサイズ:  700×25c

エントリーの価格でありながら、その常識を覆すと公式サイトには記載されています。昨年のAllezベースモデルと比べてフレームとフォークだけで450g(1ポンド)以上もの重量削減を実現しており、コストパフォーマンスに優れた1台となります。

MERIDA(メリダ) RIDE400

  • 価格:                  ¥145900
  • 重量:                  8.6kg
  • 変速:                  22速(105)
  • タイヤサイズ:  700×25c

カーボンモデルにも劣らないアルミロードバイクで、メインコンポは105を使用しているにも関わらず15万円を切る価格の完成車はそう多くありません。初めてのロードバイクは「105」と言うくらいなのでまず間違いないでしょう。

TREK(トレック) Emonda ALR 4

  • 価格:                  ¥135000
  • 重量:                 56cm – 9.09 kg
  • 変速:                  20速(ティアグラ)
  • タイヤサイズ:  700×25c

「軽量アルミバイクの完成系」と言われるほどの完成度で重量も軽く、そのパフォーマンスは他社の多くのカーボンバイクを凌駕するスペックにになっています。

アルミ製でありながらカーボンバイクのような見た目とハンドリング性も特徴的です。

まとめ

こちらの記事は随時更新となっていますので、どんどん追加していきたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

最高のアルミフレーム「CAAD12」2019年モデルが発売!気になる価格と性能は...

NO IMAGE

ロードバイクを通学で使用したい!オススメのロードバイクと通学使用のポイント

NO IMAGE

カゴがないロードバイク、クロスバイクに乗るときの荷物の話

FUJI(フジ)2018年モデルのロードバイク「SINARI(シナリ)」の性能と...

NO IMAGE

TOPEAK(トピーク)のライドケースが普通にかっこいいのでオススメ。

NO IMAGE

なぜロードバイクの価格が数十万円もするのか?自転車に興味がない人でも納得するよう...