ロードバイク入門にオススメ!105搭載で10万円代のロードバイク4選

ロードバイク入門

入門とは言えどグレードは高いに越したことはありません。ですが高すぎては一向にスタートラインに立つことができません。そこでこれからロードバイクを始めるのにちょうど良い「105」搭載で尚且つ10万円代のオススメロードバイクをピックアッップしたい思います。

自称メカニック
皆んな最初が肝心だぞ!

その通り最初の一台と言うのは思っているより大事なので失敗のないロードバイク選びを誰もがしたいと思います。今回の記事は少しでも参考になればと思います。

 

そもそも105搭載とは?

「105」とはロードバイク、コンポーネントの名前で上からカウントすると三番目になります。11速対応の中では一番価格帯が低くてバランスのとれたコンポーネントです。

自称メカニック
オイルの556的な感じだと思ったわ

 

FELT(フェルト) FR30

フレーム:    アルミ

フォーク:    カーボン

重量:           8.59kg

タイヤ:        700×25c

価格:           ¥178000

※価格は全て税抜きです

 

カーボンモデルと比べても遜色のない出来上がりになっていて、タイヤは28cまでのクリアランスが確保されているので、レースだけではなくツーリングにも使用できるようになっています。

 

自称メカニック
ブレーキセットがテクトロなのがちょっとなぁ〜

と言う方やブレーキセットが気になる方は後から交換もありです!

自称メカニック
オススメ度は☆☆

GIANT(ジャイアント) TCR ADVANCED 2

フレーム:    カーボン

フォーク:    アルミ

重量:           7.9kg

タイヤ:        700×25c

価格:           ¥190000

 

20万円を切る価格ながらフレームはカーボンを使用しているので重量もかなり軽くなっています。さらにブレーキセットまで105で統一されているので安定したブレーキングが行えます。

 

自称メカニック
オススメ度は☆☆☆☆

 

Bianchi(ビアンキ) IMPULSO

フレーム:    ALLOY

フォーク:    カーボン

重量:           8.97kg

タイヤ:        700×25c

価格:           ¥173000

※フレーム素材の「ALLOY」はアルミを含む合金のことです。

見ての通りチェーン以外は全て105で統一されているのがポイントです。

 

 

自称メカニック
オススメ度は☆☆☆

 

Cannondale CAAD OPTIMO 105

フレーム:    ALLOY

フォーク:    カーボン

重量:           kg

タイヤ:        700×25c

価格:           ¥160000

 

値段が同グレードのロードバイクに比べるとお求めやすくなっているのですが、上記紹介したロードバイクと比べても性能面は全然劣っていません。

1台目のバイクとして最も相応しいと書かれています。

自称メカニック
オススメ度は☆☆☆☆☆

 

まとめ

これからも随時追加していきます!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイク人気メーカー【Cannondale(キャノンデール)】について

車からロードバイクに乗り換えるメリットを考える

「ロードバイクはパンクしやすい」はどこからの情報なのでしょうか?

ロードバイク、GIANT(ジャイアント)がなぜユーザーに選ばれるのか?

その駐輪場所は大丈夫?ロードバイクの盗難危険度測定アプリ【自転車特捜】

ルイ・ヴィトンがロードバイクメーカー「ピナレロ」のスポンサーではなく買収!?ファ...