弱虫ペダルを見てロードバイクを買った!現実と理想の違いとありがちな失敗例3つ

スポンサーリンク
レクタングル大

弱虫ペダルを読んだあと…

自称メカニック
あ〜ロードバイク欲しいー

そうです読んだ後はほとんどの人がロードバイクが欲しくなります。

「ヒルクライムしたい!」「スプリンターかっけー」などロードバイクに興味を持つことは良いことですし、別に理由が何であろうと別に構わないんです。ですがロードバイク購入から手元に届いたとき、漫画とのギャップに苦しめられることになります。

弱虫ペダルは良くも悪くも漫画

「ヒルクライム」とかっこいい横文字を並べてはいるものの要は坂道です。ママチャリに乗ってて「坂道たのし〜」と感じたことがありますか?坂道はロードバイクであれ例外なくしんどいのです。平然と登れるようになるにはそれなりのトレーニングが必要になります。

自称メカニック
ロードバイク買ったら自然と登れると思ってたよ

購入しただけで登れるなら苦労ないですよね。

弱虫ペダルのスピード感

漫画で伝わってくるあのスピード感が体験したいとおっしゃる方も少なくないんじゃないですか?ですがよく考えてください、あなたがロードバイクを使用する目的はなんですか?街乗りですか?通勤ですか?レースですか?

レースなら全然問題ないのですが、街乗りメインの方要注意です!

「思ってるより全力を出せる場所が少ない」

ロードバイクなら時速30kmを出すのは難しいことではありませんが、それを維持して走れるところが、街乗りだと思ったよりありません。信号に捕まり、横を走る車に気をつけながら走らなければなりません。始めて車道を走る時の横を走る車の怖いこと怖いこと。

要はスピード感に囚われながら無茶にスピードを出して街乗りしてしまうと、高確率で事故につながります。

自称メカニック
僕は風になりたい

金銭的に悩まされる

「弱虫ペダルに登場する人物たちが乗っているモデルと同じロードバイクに乗りたい」と検索するまではいいのですが、あの方達はレースをするためのロードバイクを揃えてますので、価格が高いです。同グレードのものを揃えるとなるといきなり50~60万コースです。

ですが考え方を変えるといきなりこのグレードを買ってしまえば、引くに引けない状況に自分を追い込むことができます。何が何でもロードバイクに乗るしかなくなるんです!

なのでそこまでストイックになれない方には大体のメーカーエントリーグレードのロードバイクを10万前後で用意しているのでそちらで検討してみる事をオススメします!

勢いで購入する場合のありがちな失敗

自称メカニック
3万円くらいでロードバイク見つけたからそれにしようと思うんだけど

ありがちな失敗のパターンなので一旦購入するのをやめてから良く検討してみよう。

激安につられて購入してしまう。

安くロードバイクを購入しようという一心で、シングルスピードでしかもどこのブランドか分からないようなロードバイクを購入したりしてしまうと、後でカスタムしようとした時などに、互換性のある部品が無くカスタムができない状態になってしまう可能性があります。

後は重量が重たかったり見た目だけのロードバイク、いわゆる「ルック車」には注意して

くれぐれも安いからという理由だけで購入することは避けましょう。購入には勢いも大事ですが、勢い100%で突っ走ってしまうと後で後悔してしまう可能性があるので、ある程度の知識をインターネットで調べるか、本などを見てつけてから、じっくり選ぶことをオススメします。

クロスバイクを購入してしまう。

正直自転車に興味が無いとクロスバイクとロードバイクの違いなんて恐らく分からないと思います。僕も買いたてのクロスバイクをロードバイクと呼んでた事がありましたがそれが「クロスバイク」だったと気がついたのは購入して1~2ヶ月後でした。

自称メカニック
これだから素人は

どこをどう間違ったのか「最終的に手元にあるのはクロスバイクだった」この状態も避けたいですね。最初自転車の知識0%でそのまま店にいってスポーツ車の中から「これだ」と選ぶもしくは、店員さんがクロスバイクと説明なしに勧めてきて、そのまま購入してしまうパターンです。

ハンドルが真っ直ぐかドロップかの違いしかないように思えますが、「キテレツ大百科」「ドラえもん」くらい違います。詳しくはこちらの記事を御覧ください。

自分がロードバイクだと思って購入したものがクロスバイクだったと分かった日には立ち直れなくなるかもしれません。こちらの記事も合わせてどうぞ。

知識なしのままネット購入してしまう。

これもある程度の知識があればネットで購入する事にはメリットがたくさんあります。中でも一番大きなメリットは金額でしょう。実際に店とネットを比べてみると分かりやすいですが10万円近く価格が違う事も少なくありません。

ですがサイズやロードバイクの諸々の知識などはやはり分かっている人から聞くのが一番分かりやすく入ってくると思います。絶対失敗したくない方やロードバイクに関して話を聞きたい方はショップで購入する方が良いです。

相談しながら購入すれば色々教えてくれるかもしれませんし、教えてくれないかもしれませんこればっかりはショップやスタッフさんによるところが大きく、良さそうなところを探す以外の方法がないので少し手間になるかもしれません。スタッフも人間なので仕方ないですが、無愛想な人や適当な人も普通にいます。

「最終的に自分に合った自転車を見つける」と言うところが目標なので、自分が最高だと思える自転車が購入できれば購入方法はどちらでもいいと思います。

読んだあとの勢いは大事ですが…

結局のところ「弱虫ペダル」見た後はちょっと冷静じゃ無くなるんですね。読んだあとの気持ちの上がり具合のまま購入を決めることは悪いことじゃないですが、一度冷静になって自分を見つめなおしましょう。

読み終わって2週間明けて、それでも熱が冷めないようならあなたの思いは本物です。

そこで「あれ、なんでロードバイクがあんなに欲しかったんだろう?」となってしまえばあなたは勢いに任せて、無駄な出費をすることが無くなります。

と言うことで読み終えた直後は注意です!


↓ 弱虫ペダルのキャラが乗っているロードバイクの情報はこちら

ロードバイクのパーツやウェアを格安で購入するなら海外通販がオススメ
スポーツバイクのパーツをお得に買うなら海外通販がオススメ

あなたはロードバイクやスポーツバイクのパーツをどこで購入していますか?

自称メカニック
家の近くの店で購入してるよ

業界最大手で日本語対応の海外通販サイト「Wiggle」なら5000円以上で送料が無料で40%~50%OFFのパーツやロードバイクが沢山あるのに?

自称メカニック

そう言うことは早く教えてよ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする