ヤマハ電動ロードバイク第一弾【YPJ-R】考察

はじめに

 

ついにロードバイクまでも電動化する時代がおとずれました。

確かに電気の力は偉大です。ですがここまで行くともうおそらく、

何にでも電気をつけないと気が済まなくなっているんでしょう。

 

ではどれぐらいのモノなのか見ていきましょう!

 

重量は15kg

ロードバイクにしては重たい、電動自転車にしては軽い。

電動自転車にしてはよく頑張った重量だと褒めてやりたい。笑

 

バッテリー容量は2.4Ah

 

真っ先に思うことは「バッテリー容量少なくない?」じゃないですか?

僕もこう思いました。ではこの容量でどれだけ走れるかというと?

 

  • アシスト 強 14km
  • アシスト 中 22km
  • アシスト 小 48km

 

22km?しか走らないの?笑

重量の関係で小さいバッテリーしか積めないのは分かるけども…

 

 

パーツは105

どうやらコンポは105を採用しているらしい。

割と本格派だ。

 

デザイン

 

割とかっこいいじゃないか、バッテリーがついてるにも関わらず

このシルエットの良さは驚きました。

 

マルチファンクションメーター

 

これがかっこいい、かっこよすぎる、欲しい。

速度やバッテリー残量、アシスト力などが表示される模様。

もはやこれだけで買いたい衝動にかられる。

 

まとめ

 

メーカー的には軽さとアシストを両立させたロードバイクを

押しているようですが、そもそも何かと何かを両立させようと

した時なんだかの妥協点が生まれます。

 

この場合は車重が犠牲になりました。

15.4kgは確かに電動自転車としては驚異の軽さです。しかしロードバイクと

してはどうでしょう?

 

たった2.4Ahの容量のバッテリーを積んだだけで普通のロードバイクより5kg~7kg重量が違ってきます。

 

距離にして22kmアシストがあって15.4kgのロードバイクか、

アシストなしの9kgのロードバイクを選ぶかと選択を迫られた場合

あなたならどちらを選びますか?

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイク保管のススメ!いつまでも美しきロードバイクを

ロードバイクを室内保管できない場合のおすすめサイクルカバー4個と必要性

自転車便「メッセンジャー」とはどうゆう仕事なのか?

ロードバイクを海外通販で購入する際の日本語対応おすすめサイト3選

メリダが2018年モデルのロードバイク「リアクト」をフルモデルチェンジで発表

今人気のロードバイク女子!その流行の背景を調べて見ました