ロードバイクのライト「CAT EYE VOLT200」を1年ほど使用した感想

CAT EYE

 

お茶目な名前ですが、自転車のライトやサイクルコンピューターなど

サイクルアクセサリーを生産しているメーカーです。

 

株式会社キャットアイ(英文社名:CATEYE CO.,LTD. )は、大阪市東住吉区に本社を置く、自転車部品等の開発、製造をする企業である。自転車用リフレクターは国内シェア70%、国外シェア40%にのぼる(国内80%・国外60%との数字もある)

 

そんなキャットアイのライトの一つ「CAT EYE VOLT200」

一年ほど使ったのでどんな感じなのかお伝えできたらと

思う次第でございます。

 

「CAT EYE VOLT200」

 

 

■約200ルーメンの充電ライト

■リチウムイオンポリマー充電池(1,000mAh)

■充電タイミングが分かるバッテリーインジケータ・充電インジケータ搭載

■充電時間は約3時間

■手軽なUSB充電(Micro-USBケーブル付属)

■ハイ・ロー・点滅の3モード

■ダブルクリックで点滅モードへ切り替え

■モードメモリ機能により消灯時のモードで点灯開始

■手早く確実に固定できるフレックスタイトブラケット™付属

約200ルーメンの明るさから説明していこうと思いますが、

まず200ルーメンがどの程度の明るさかというと、正直わからないです。

ただ普通に明るいですよ。

 

 

そしてこのライトを選んだ大きなポイントの一つとして充電式に

なっていること。しかも結構充電も持つので便利です。

 

ハイ・ロー・点滅と3パターンあるのですが、ハイにすると

より明るくなります。顔の前まで持ってこられると

眩しすぎて「ちょいギレ」レベルです。

 

僕は普段点滅モードで使用していていますが、

これも顔の前でされるとフラッシングが鬱陶しいので

くれぐれも人には直接向けないようにしましょう。

 

あとはデザインが良い。

 

 

ルーメン数値が倍のVOLT400よりデザインが

個人的には好きです。

 

ライトの重要性

 

最近では自転車の無灯火による罰則も厳しくなっているのと

やっぱりつけてないと事故に巻き込まれる可能性があるので

危ないですよね。

 

都会になると街灯がある程度あるのであまり気にならいかも

しれませんが、田舎だと真っ暗な道は地面が見えないんです。

いきなり崖になっていてもわかりません。

 

嘘です崖はさすがに気がつきますが、道路がくぼんでいたり

一部分だけ穴になっていたりは余裕ではまります。

 

予期せぬ凹みはお尻に大ダメージを与えるのでできれば避けるのが

良いのですがライトがないとそうはいきません。

お尻と身を守るためにもライトをつけましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロードバイクに付けるリアライトの必要性を語りたいと思う。

ロードバイクコンポーネント「DURA-ACE(デュラエース)」の価格や性能につい...

ロードバイクでちょっと遠出する際に僕が実際に持っていってる物6個

ロードバイク本体を決めたらライトなどの用意するべきパーツ8個

ロードバイクのホイールにライト?「LOOPS LIGHT」の近未来感がすごい

ロードバイク、タイヤ交換時のサイズの互換性と【700×23C】の意味