へんしんバイクとストライダーは正直な話どっちがオススメか比較してみた。

スポンサーリンク
レクタングル大

トレーニングバイク界の大御所

トレーニングバイク界の大御所といえば「ストライダー」「へんしんバイク」

2つではないでしょうか?

僕はもうトレーニングバイクに乗るような年でもないですし、乗ったこともないので正直こんな僕がトレーニングバイクを紹介するのは少しおこがましい気もしますが…

あえてします

そもそもトレーニングバイクは2歳とか小さい子供が乗るもので誰一人としてトレーニングバイクにまたがって実際にレビューしている人なんて多分いない。

なので本当に客観的に見てどっちがオススメか、僕には子供がいないので親目線のエゴを全て取っ払って紹介したいと思います。

ストライダー

トレーニングバイクの火付け役として知られる「ストライダー」ですが、その年齢設定は2歳ちょうどからと割と早めで上限は5歳までとされています。これは小学校に入学するまでの期間でストライダー参入時期は非常に重要になってきます。

例えばストライダーを活用する目的が本当にバランス感覚を養うだけの目的であくまで、「自転車に乗れるようにするために使う」の場合はタイミングを間違うと自転車の形をしたガラクタになります。

5歳は上限でありあくまで目安です。5歳間近になった時に子供はストライダーに果たして乗るでしょうか?実際にまたぐと解りやすいですが3歳後半から4歳の間にストライダーデビューするのはサイズ的にもなかなか厳しいものがあります。

正直そのタイミングなら小さい自転車にまたがれるレベルです。

ただしそれはあくまで「ただのトレーニングバイクとして使用するなら」です。

ストライダーには沢山のイベントやレースなどが開催されていてストライダーを通してこう言ったイベントに参加ができます。

こうしてレースやイベントに参加して「人間関係のわずらわしさ」や、「レースは順位、結果が全て」と言った厳しさを…じゃなくて楽しみながら成長していける環境が用意されているのもポイントの一つです。

ストライダーの種類

  • クラシック

一番ベーシックなモデルで、ロードバイクやクロスバイクで言うところのエントリーモデルに位置します。

  • スポーツ

見た目だけではクラシックとあまり変わりありませんが、サドルが柔らかかったりより長く遊べるように長めのシートポストが付属していたり後一番大きな違いがハンドルとサドルが

クイックリリース式であるところです。

クラシックモデルはサドルの高さの調整やハンドルの調整に付属の工具が必要になりますがスポーツモデルは手で調整ができます。想像してください公園に行った時にサドルをちょっと上げたいとします、工具をいつも持ち歩いていると思いますか?答えはNOです

  • ストライダーpro

一番いいやつです。言いたいことは沢山ありますがこのモデルを買う方は極端に少ないと思うので今回は説明を省かせていただきます。

ここまでが大まかな「ストライダー」の説明になります。では次は「へんしんバイク」行ってみましょう!

へんしんバイク

トレーニングバイクにペダルを後で取り付けられる「へんしんバイク」ですが多くの人が勘違いをしている点があります。それは「ペダルがつくから自転車を買わなくて済むし長く乗れる」と考えている方が多いことです。

これは間違いで自転車に乗れるようになるまでのステップをこれ一台で行えて早い段階で自転車になれることができるのが「へんしんバイク」なのです。自転車に乗れるようになることをゴールとするならばへんしんバイクは3歳でトレーニングバイクに慣れて3歳のうちに自転車に乗ってしまうと言った早い段階での自転車デビュー掲げています。

なので年齢は3歳から6歳までになっていますがこちらもやはり子供が大きくなるとタイヤサイズは12インチなので年齢が増すにつれて窮屈になってきます。決して長く乗れる為のペダルではないと言うことです。

「えっ!?わずか30分で自転車デビュー!」

をキャッチフレーズにしてますがわずか30分で自転車デビューするには難点があります。

自転車にする時のペダルやチェーンの取り付けです。おそらく初見でお父さんが30分以内にペダルを説明書の通り不具合なくバッチリ取り付けるのは不可能です。

工具も必要ですし自転車屋さんや取り扱い店に持って行って変えてもらうにしても時間とさらに工賃が発生します。一度自転車にしたへんしんバイクをまた気軽にトレーニングバイクに戻せるなどと言った淡い期待は捨て去りましょう。

へんしんバイク自体に関しては前後ブレーキが付いていて、タイヤもエアータイヤなので乗り心地もさぞいいことでしょう。

こちらも自転車教室などやっているみたいなのですが、これはへんしんバイクを買った後にどうこうと言うよりもへんしんバイクを体験すると言うイベントと言った感じですね。

へんしんバイクとストライダーの違うところ

  • へんしんバイクはタイヤチューブがエアーチューブ
  • へんしんバイクは3歳からストライダーは2歳から
  • へんしんバイクはペダルをつけられる
  • ストライダーはイベントが沢山ある
  • へんしんバイクはブレーキが付いている。
  • ストライダーの方が軽量

とざっと殴り書きしましたが、こんなところでしょう。違うところと言うよりは、全く違うものなのでほとんど全て違いますが結局のところどちらがオススメなのか答えを出したいと思います。答えは…

ストライダー

僅差でですね、もうどちらかと言うとって言う感じです。どちらでもいいんじゃないのかと書きながら思っていましたが、ストライダーにしました。

理由としては「トレーニングバイクとして」ならストライダーのほうが軽いし、買った後のイベントやレースが楽しそうだからと言うところが大きいですね。トレーニングバイクなんかそんなに長いこと乗るものでもないでしょうし。

と言うわけで答えは「ストライダー」でした。

ロードバイクのパーツやウェアを格安で購入するなら海外通販がオススメ
スポーツバイクのパーツをお得に買うなら海外通販がオススメ

あなたはロードバイクやスポーツバイクのパーツをどこで購入していますか?

自称メカニック
家の近くの店で購入してるよ

業界最大手で日本語対応の海外通販サイト「Wiggle」なら5000円以上で送料が無料で40%~50%OFFのパーツやロードバイクが沢山あるのに?

自称メカニック

そう言うことは早く教えてよ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする