弱虫ペダル新開隼人が乗るロードバイク【Cervelo(サーヴェロ)】とは

スポンサーリンク
レクタングル大

新開隼人

箱根学園3年生のエーススプリンターである。

補給食としてパワーバーを携帯していて常に食べている。

おそらくポッケはパワーバーが無限に出てくる秘密のポケットに

なっているに違いない。

普段は爽やかなイケメンだが…

「箱根の直線鬼」と呼ばれておりスプリントすると

見事に別人である。

そんな彼の乗るロードバイク【Cervelo(サーヴェロ)】とは?

【Cervelo(サーヴェロ)】

1995年に設立されたカナダトロントに本拠点を構えるcervelo(サーヴェロ)。

2人のエンジニア、フィル・ホワイトとジェラルド・ヴルーメンが

革新的なタイムトライアルバイクを開発しようと決めたことに遡る。

要するにエアロバイクの製造が得意でタイムトライアルバイクの開発から

その経験を役立てロードバイクの製作も行っていて、高いエアロ性能と

重量が軽い事が人気のメーカーです。

ですが総じて値段がちょっとお高いのがネック

普通にぴょんと買える額ではありません。

cervelo(サーヴェロ)のロードバイク

R2   ¥430000

Cervelo(サーヴェロ)のラインナップの中ではエントリーモデルの

位置付けになっていますがそれでも完成車で430000万円です。

後々電動式のコンポーネントや油圧式のシステムに交換する事によって

さらなるパフォーマンスを発揮する事ができる一台だと記載されています。

S3  アルテグラ完成車  ¥600000

プロツアーチームの走りを支えたエアロロードバイク

サーヴェロのエアロダイナミクス・ナレッジによって生み出されたS3。サーヴェロが誇る高剛性のエアロロードカテゴリーの一翼を担うべく、新しい翼状断面形状のチューブや、大口径テーパードステアリングコラムを採用した美しいフレームには、エアロダイナミクスの利点をすべて投入。そして優れた剛性とコンフォート性能に焦点をあてながらも、塗装や小物パーツを含めてわずか約1,000gというフレーム重量に収めた。そして、採用される超薄型シートステーと、高度なカーボンレイアップの組み合わせは、いつでも快適なライディングフィールを提供してくれる。
事実、S3の高性能はプロツアーライダーにも認められており、”3”グレードとはいえその性能はトップクラスであることを疑う余地はない。

新開隼人が乗るロードバイク

R3  アルテグラ完成車 ¥570000

R3はフラッグシップモデルのRcaの開発エンジニアリングを活用するRシリーズの”3″グレード。
リーズナブルな価格を実現しながらも、プロツアーレベルのパフォーマンスを獲得したこのフレームは、スクオーバル3™によって強化されたエアロダイナミクスに加え、ヒルクライムやスプリントに必要な剛性も向上している。
前世代のR3がすでにBicycling Magazine誌のエディターから、ベスト・エンスージアスト・アワードを獲得しているが、その上でリニューアルしたR3は、塗装や小物パーツを含めた状態で980g(51サイズ、実測値)を実現。さらにこの重量を保ったまま、前世代のスクオーバル2と比べ、空気抵抗を7.4ワット相当も軽減している。さらにヘッドチューブの剛性は24%、ボトムブラケットは8%の横剛性を高めることに成功している。また、多くの規格と互換性があるのも特長だ。ケーブルルーティング、クイック・トゥー・フィット・インターナルストップによって電動&手動トランスミッション、また油圧ブレーキなどのオプションにも対応することができる。

まとめ

いかがでしたか?新開隼人のファンだからと言うだけでは手が出ない

ロードバイクの数々は。

僕もいずれは購入したいです…

次回の記事の特集は新開隼人が食べるパワーバー特集で

行きたいと思います。

ロードバイクのパーツやウェアを格安で購入するなら海外通販がオススメ
スポーツバイクのパーツをお得に買うなら海外通販がオススメ

あなたはロードバイクやスポーツバイクのパーツをどこで購入していますか?

自称メカニック
家の近くの店で購入してるよ

業界最大手で日本語対応の海外通販サイト「Wiggle」なら5000円以上で送料が無料で40%~50%OFFのパーツやロードバイクが沢山あるのに?

自称メカニック

そう言うことは早く教えてよ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする