自分に合ったオイルを探そう!ロードバイクオイルの種類と特徴

スポンサーリンク
レクタングル大

はじめに

オイルといっても色々な種類があります。

決して【556】一本で済ませずに出来るだけ自転車用のオイルで、

メンテナンスしましょう!

ドライ系

ドライ系の利点はチェーンがあまりベタつかず、足や服が走行中に

汚れにくいことです。しかしサラサラしたオイルなので飛び散りやすく

頻繁に注油する必要があるのがデメリット。

ウェット系

ウェット系オイルは粘度が高く、雨の日でも落ちにくい!

しかしドライコンディションで乗ると、足や服にベタッとついてしまう

可能性があるので要注意。

ワックス系

特性はドライ系のオイルに似ているが、そもそもの性質が違うのが

ワックスタイプになります。

どのタイプよりも汚れはより付きにくいが、注油回数もその分

多くなります!

あなたにぴったりのオイルを探してみてください!

ロードバイクのパーツやウェアを格安で購入するなら海外通販がオススメ
スポーツバイクのパーツをお得に買うなら海外通販がオススメ

あなたはロードバイクやスポーツバイクのパーツをどこで購入していますか?

自称メカニック
家の近くの店で購入してるよ

業界最大手で日本語対応の海外通販サイト「Wiggle」なら5000円以上で送料が無料で40%~50%OFFのパーツやロードバイクが沢山あるのに?

自称メカニック

そう言うことは早く教えてよ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする