根強い人気を誇るかっこいいクロモリロードバイクまとめ

クロモリロードバイク

 

クロモリロードバイクはクロモリいわゆるスチールでできたフレームで

重量こそ、そこそこあるものの頑丈でちょっとやそっとじゃ曲がったり

ヒビが入ったりはしません。その点からツーリングや ロングライドなど

に適していて現在でもかなりの人気を誇っています。

 

なぜそこまでクロモリロードバイクは人を惹きつけ

カーボンのロードバイクがだいぶ普及している今でも人気があるのか。

そもそも今でこそアルミやカーボンが主流ですがそれまでは

クロモリロードバイクがずっとスタンダードでした。

 

そこには重量だけでは語ることのできない奥深さや歴史

が詰まっています。

 

今回はそんな今もなお語り継がれるクロモリのロードバイクを

まとめてみました。

 

DE ROSA(デローザ) NeoPRIMATO

 

フレーム価格 本体価格 ¥275,000(税別)

 

DE ROSA(デローザ)の原点であるスチールフレームであり

30年以上同じ製法で作られていて30年も前ですが、確かな

その当時のレーシングスペックを持っているフレームなので

スチールの概念がきっと変わること間違い無しです。

 

NeoPRIMATOは2017年ではなくなってしまうモデルかもしれないので

欲しい方は詳しく調べてみてください。

 

チネリ スーパーコルサ

 

 

40年以上もの歴史がある「スーパーコルサ」は

今でも絶大な人気を誇る名フレームです。

 

 

カラーバリエーションも豊富なのでお気に入りの一台が見つかるはずです。

 

 

アンカー RNC7

 

 

ブリヂストンサイクルが手がけるスポーツバイクブランドであるアンカー

RNC7は完成車で¥250000と割とお求めやすく

さらにカラーバリエーションも

 

 

30色の中から三色好きな色を選べるオーダーシステムなので

よりオリジナリティー溢れる自転車になります。

 

 

GIOS  FENICE(フェニーチェ)

 

 

完成車価格で88000円と10万円を切る価格でクロモリフレームを

味わえる手頃な一台です。

 

また上位グレードも合わせてクロモリフレームの選択肢が多いGIOS

クロモリフレームの自転車を選ぶ上ではかなりコストが

抑えられます、

 

まとめ

 

クロモリフレームのロードバイクはいかがでしたか?

この細身のシルエットもカッコ良く乗っている人もアルミに比べ

だいぶ少なくなるので、人とは違ったロードバイクを探している

方にはピッタリです。

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5万円以下のロードバイクDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)とは?

ロードバイクのフレーム素材と価格の親密な関係性

TOTEMのロードバイクを購入検討されている方に見て欲しい。【調査報告書】

ヤマハ電動ロードバイク第一弾【YPJ-R】考察

MERIDA(メリダ)の10万円台おすすめロードバイク8選!【2017年モデル】

スポーツバイクの種類を知って自分にぴったりの自転車を探す為の記事