クロスバイクの人気ランキング1位は「GIOS MISTRAL」

価格.com

 

この人気ランキングはあくまで6月18日現在の

価格.com のクロスバイク人気ランキングで1位なだけで

このランキングが全てなワケではではありません。

 

見事一位に輝いた「GIOS MISTRAL」さんの解説は後でするとして

GIOS MISTRAL」が1位なら後の2位と3位はなんなのか?

と気になるでしょう。

 

 

2位以降全く役に立たなそうな匂いがプンプンする。

なぜこんなランキング結果になっているのかというと、

 

 

メーカーの欄に載っているのがこんなけだからです。

もうちょっと頑張ってくれ「価格.com」さん。

 

でも一様ランキングはランキングで、一位に輝いているのは

GIOS MISTRAL」なので文句は言えません。

では「GIOS MISTRAL」の説明いきましょう。

 

GIOS(ジオス)

 

創業者のトルミーノ・ジオスは元ロードレース (自転車競技)の選手である。ベルリン五輪イタリア代表に選ばれるほどの名手であり、同社のエンブレム(ヘッドマーク)に五輪があしらわれているのはそのためである。

1973年からプロチーム「ブルックリン」にフレームを供給する。エースのロジェ・デ・フラミンク(ロジャー・ドブラマンク,Roger De Vlaeminck)の活躍によりジオスも名声を得ることになる。それまでジオスのシンボルカラーはオレンジ色だったが、デ・フラミンクが駆っていたのは青色のフレームであった。以来、その青は「ジオスブルー」と呼ばれ、イタリアのペンキ屋の色サンプルにも「ジオスブルー」の呼称が登場するほど「ジオスといえばジオスブルー」というイメージが定着している。

プロチームへのフレームの供給は、1994年からスペイン・ケルメ(2004年現在はルックを使用)、2003年から2004年までイタリア・フォルマッジピンゾーロなどがジオスのフレームを使用していた。

 

MISTRAL(ミストラル)

MISTRAL    ¥54000

 

  • 重量    11kg
  • ギヤ                 2×8
  • タイヤ             700×28C

 

アルミフレームにフロントフォークはクロモリを使用していて

5万円台ながら、使用されているパーツは全てシマノを採用している

コストパフォーマンスに優れた一台です。

サイズ展開も多様で色は3色展開になっていて、個人的なオススメはやっぱり

画像の鮮やかなブルー(ジオスブルー)ですね。

 

ここまでで皆さん何か気づいたことはありませんか?

ヒントは金額です。

 

GIOS MISTRALを格安で購入する方法

 

メーカーの定価は税抜価格¥54000です。

もう一度、一番上の価格.comの画像を見てみてください。

2016年モデルが税込価格¥42000になっています

 

送料を入れたとしてもおそらく一万円ぐらい、安いんです

恐るべきネットショップ。

 

ただサイズを適当に選んだり、整備はされて届くのか、されずに

届くのかは知りませんが、ある程度の整備をできないのはまだしも

近くの自転車屋さんに持って行ったりするのも

面倒な人にはオススメしません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カゴがないロードバイク、クロスバイクに乗るときの荷物の話

クロスバイク人気メーカーの特徴まとめ!どのクロスバイクがオススメなのか?

ロードバイクとクロスバイクの違いを的確に見極めるポイント。

クロスバイク選びで必ずGIOS(ジオス)ミストラルを経由する理由を調べてみた。

30分圏内の通勤にはクロスバイクが良い4個の理由

クロスバイクとはなんなのか?初心者の方でも6分で分かるクロスバイク説明書