ロードバイクのエントリーモデル購入なら大手チェーン店の自転車屋さんのほうが便利なのかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル大

ロードバイクのエントリーモデルの購入

ロードバイクはスポーツバイク専門店いわゆるプロショップ

だけではなく、大手自転車チェーン店にもロードバイクやクロスバイクなど

は置いています。

大手自転車チェーン店ではハイエンドモデルは置いていないですが

各ブランドのエントリーグレードはちょろちょろと

置いていて、さらに今はスポーツバイクが流行ってきているので、

種類も多くラインナップされている店も少なくありません。

大手自転車チェーン店のほうが良い理由

あくまでも今回の記事は「エントリーモデル」ならです。

30万も40万もするロードバイクはまた話が変わってきますし、

そもそも大手自転車チェーン店では取り扱いのないブランドも多いので

選べる幅が少なくなってくるからです。

ではざっと箇条書きしていきます。

  1. 値段が安い。
  2. 自転車につける盗難補償が安い
  3. ロードバイクの納期を待たなくていい
  4. 家から近くの店で選べる

ざっとこんな感じですが、一つずつ説明していくとまず

1.値段が安い

これはメーカの希望小売販売価格つまりメーカーの定価より

大手自転車チェーン店は最初から少し引いた金額で

店頭に出しています。

そこからセールなどがあった場合はさらに値引きされるので

結果的に値段が安くなる訳です。

ちなみに工賃もプロショップよりも安いので

頻繁に持って行くのであればお得になります。

2.自転車につける盗難補償が安い

例えばプロショップなどで入る盗難補償がだいたい一万円以上の

金額がかかるのに対して

ママチャリの販売を主にしている大手自転車チェーン店は

そんなに値段を高く盗難補償を設定してしまうと誰も入ってくれなく

なるので盗難補償がだいたいどこも3000円程度とかなり安くなっています。

しかも他に事故の補償やパーツの割引点検が無料などもついてくるので

スポーツバイク購入する方にとってはかなりリーズナブルな金額で

盗難補償に入れます。

3.ロードバイクの納期を待たなくていい

プロショップの場合は春や秋の自転車シーズンで購入すると

本体が在庫として店にあったとしても組み立てで2週間〜1ヶ月くらい

納車するのに期間がかかります。

たとえそれがエントリーモデルであったとしてもです。

遠くの店で購入する場合一度帰ってもう一回行く手間が

発生するのでとても面倒です。

4.家から近くの店で選べる

詳しくはこの記事を読んでみてください。

家から近いほうが良いメリットはたくさんあります例えば

パンク修理や初期不良、分からない事があればすぐ聞きに行ける

身近さそれら全てを踏まえるとエントリーモデルを買ったばっかりの

方にとっては「家から近い」事はかなりの重要項目になります。

大手自転車チェーン店の悪いところ

それはプロショップの方はスポーツバイクに囲まれて

仕事をしている訳なので、毎日ママチャリに囲まれて仕事をするよりは

知識があるのは当然です。

なので

※ポイントとしては最初に買う車種を決めておく

これがかなり重要になります。

スタッフの知識にばらつきがある以上スタッフを頼りに

車種を決めるのはあまりにリスクがあります。

中にはすごい知識がある人もいるかもしれませんが

あまりスタッフに頼りすぎない事が肝心です。

ロードバイクのパーツやウェアを格安で購入するなら海外通販がオススメ
スポーツバイクのパーツをお得に買うなら海外通販がオススメ

あなたはロードバイクやスポーツバイクのパーツをどこで購入していますか?

自称メカニック
家の近くの店で購入してるよ

業界最大手で日本語対応の海外通販サイト「Wiggle」なら5000円以上で送料が無料で40%~50%OFFのパーツやロードバイクが沢山あるのに?

自称メカニック

そう言うことは早く教えてよ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする